居住地がアメリカへ移る場合の個人事業について | 会社設立・各種法人設立 | 会社設立・許認可 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


居住地がアメリカへ移る場合の個人事業について

QUESTION

現在企業に勤めていますが、主人の海外転勤に帯同してアメリカへ移住することになりました。
現在の企業から、今まで私がやっていた仕事の一部を続けてほしいと言われており、個人事業主としての取引も可能とのことです。
業務内容は、ナレーション制作、動画制作、イラストレーション、Web制作、などです。
アメリカには4年住む予定で、日本の住民票は転出届を出すことになります。
アメリカで就業予定はありませんが、念のため就業許可証を取得してから業務を行うつもりです。
ビザステータスはE1(の配偶者)です。

個人事業主として業務を行って良いものか調べておりますが、不明な点があります。
①居住地はアメリカ、報酬は日本の個人口座に日本円で入りますが、取引先に「租税条約に関する届出書の提出」を依頼し、源泉徴収なしで報酬の支払いをしてもらい、アメリカにて確定申告すれば問題ないでしょうか?
②この場合、消費税は取引先に請求するものでしょうか?
③そもそもこの形態で仕事を受けても良いのでしょうか・・・。
④年間の事業所得は高くても500万円程度の予定ですが、合同会社を設立した方が良いでしょうか?
⑤その他、税務上や法律上で問題はありませんでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

ANSWER

ベストアンサー

はじめまして。税理士の柿本雅一と申します。

アメリカにて個人プログラマーとして、日本法人から業務を請け負うことを予定されていると理解しました。

まず、もらった報酬を米国にて確定申告する必要があります。他方、報酬に対して日本で源泉徴収をされるかどうかについては、契約や取引形態等により、成果物に対する権利関係が異なるため、取引先に確認するのが良いと思います。なお、仮に日本で源泉税が課されたとしても、米国の税金計算上、源泉税を控除してくれます。

次に、アメリカで行った業務について日本の消費税は課されません。よって、取引先に消費税を請求できません。

最後に、合同会社の場合、日本に常駐する者が役員になる必要があります。よって、合同会社を設立するには質問者以外に事業に協力してくれる人が必要であるため、あまり現実的ではないように思えます。

以上、参考になれば幸いです。

 630pt

0 0 4
専門分野
会計・税務 資金調達 海外ビジネス
保有資格
税理士 MBA 中小企業庁認定経営革新等支援機関

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

こんにちは、認定支援アドバイザーの中塚と申します。
税理士でもなく、専門外であるため、返答はできかねますが
私の商工会での経営支援経験から言うとあなた様のような
特殊な場合(すいません、特殊ではないのかもしれませんが)
当局、すなわちお近くの税務署に行き確認するのが良いと
思います。

この際は、電話で確認しないこと。窓口に面倒でも出向き、担当
の名前を聞き控えること。指導を受けた場合には、根拠となる
条文や資料などのコピーをもらい、控えておくことだと思います。

可能であれば、もう一か所税務署に出向き聞くこと。
後で言われたからそうしたのに!といった場合の保険にも
なります。

余計なアドバイスですいません。

 440pt

0 0 4
専門分野
経営計画・改善 事業計画・商品開発
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 6次産業化プランナー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説