起業資金調達について | 新規創業者向け融資 | 資金調達 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


起業資金調達について

カテゴリー 資金調達 > 新規創業者向け融資 ニックネーム

QUESTION

質問お願いします。


来年11月に不動産屋の起業を目指しております。
22歳の不動産営業マンです。

しかし現在の職業である不動産業で開業する為には6年以上その業種で勤める必要があるとこちらのQ&Aコーナーでお教え頂きました。


そこで、もうひとつの条件である『大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方』には該当出来るものかと思い相談致しました。

なぜなら、私は2年間専門学校へ通っておりました。
授業内容は法律・金融についてで宅地建物取引士を取得するためにカリキュラムが組まれておりました。
そして資格を取得し深い関係にある不動産業に勤め来年で3年目となります。
以上のことから私はその条件に該当するのでしょうか?

アドバイスをお願い致します。


ANSWER

初めまして、行政書士・宅建取引士・開業コンサルタントの宮崎代志美と申します。
22歳で不動産業勤務で3年目を迎えられ、開業をお考えとのこと素晴らしいですね。

ご質問は、日本政策金融公庫の新創業融資の要件の中の『雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件』についてだと思います。

私は、行政書士として、不動産業の免許取得や融資の支援をしておりますので、この経験からの回答とさせていただきます。

ご存知のように、この要件は、9つに細分されており、最初に『雇用の創出を伴う事業を始める方』
とありますよね。

誰でも、事業が軌道に乗れば、社員またはアルバイトの雇用を必要とするのではないでしょうか。
あなたが、この思いを持つ方であれば、あなたは、すでに、要件をクリアーしているわけです。

あなたの、ご懸念されておられる、卒業された専門学校が要件に該当するのか否かは、専門学校の詳細が不明ですので、残念ながら、明快な回答はできません。
一度、政策金融公庫に行かれて、思いをお話され、要件の確認をして、安心されることをお勧めいたします。

私には、あなたの質問の文章から、不動産業開業の準備をしっかりとされておられる方と感じられます。
日本政策金融公庫の融資のポイントは、あなたの事業に関する強い思いと着実な準備だと感じております。

今回の、回答は以上とされていただきます。
あなた様からの詳細な情報を伺わずに、回答しておりますので、満足な回答にならなかったかもしれません。
さらに、詳しい情報をいただければ、さらに、具体的な回答をさせていただく所存です。

最後になりましたが、不動産事業での成功をお祈りいたします。頑張ってくださいませ。

行政書士 宮崎 代志美

 40pt

0 0 0
専門分野
会社設立・許認可
保有資格
行政書士 宅地建物取引主任者 調理師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説