会社に勤めながら起業しています。登記登録のタイミングは? | 会社設立・各種法人設立 | 会社設立・許認可 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


会社に勤めながら起業しています。登記登録のタイミングは?

QUESTION

はじめましてこんにちは。

会社に勤めながら起業をし、サロン(心理カウンセラー・ボディートリートメントなど)をしております。
起業したばかりなのでまだ利益は見込めていないのですが、いづれ登記登録をしようと思っています。
その際、どの様なタイミング(収入や税金関係が絡んでくると思うので)で登録した方がいいのでしょうか?

そして、できれは起動に乗るまで会社員のままでいたいと思っています。(福利厚生がしっかりしているので)

※現在の会社は副業OKです。


よろしくお願いします。

ANSWER

はじめまして。行政書士で起業支援をしております野村篤司と申します。

ご質問の件ですが、まずは「法人化」のメリットデメリットをしっかりと理解したうえで、メリットが上回るようになった際に、その時に会社設立登記申請を行ったほうがよいでしょう。
サービス内容からすれば、特に法人であることよりも、個人のスキルが重要になると考えられるため、税務上の判断をのぞけば、そもそもそれほど法人化のメリットはあまりないのでは?と感じます。

税務上は課税売上が800万円だとか1000万円あたりを安定的に超えるように軌道に乗ってきたら、税率の違いから税務上のメリットが出てくるという専門家が多いですが、福利厚生がしっかりしていて副業OKという恵まれた環境にいらっしゃるのであれば、そのような状況下で個人事業主として収入を得続けるというのが一番良いのかもしれませんね。ご存じだとは思いますが、独立開業してしまうと、福利厚生なんていうものはなく、経営者として相当な覚悟が必要です。

以上、参考になれば幸いです。

 1130pt

0 0 7
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 経営計画・改善 IT・インターネット
保有資格
行政書士 宅地建物取引主任者 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説