アイデアだけでは起業できない | アイデア発想・ブラッシュアップ | 事業計画・商品開発 | 起業・会社設立の質問なら起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


アイデアだけでは起業できない

QUESTION

はじめまして。書籍のアイデアと、それに連動して運用するインターネットのサイトの企画を思いついたので、特許の相談をしたところ、書籍については特許は取れるが、サイトは無理だと言われました。そこで起業も視野にいれて、このサイトを見させてもらったのですが、やはり起業はハードルが高く、私にはコンピューターに関する技術もないため、既存の企業に特許を利用してもらう形しかないと思うようになりました。結局、アイデアだけの人は起業には向かなくて、アイデアやビジョンを持った技術者集団だけが、起業で成功するのではないでしょうか? 起業しても、9割以上の会社が、3年後には潰れていると聞きます。それならば、起業するメリットとは何でしょうか? もちろん特許が利用されるとは限らないですが、起業するよりも、既存の会社と契約したほうが、事業として成功する可能性は高いのではないでしょうか?

ANSWER

お世話になります、マーケティングテクノロジーの井上と申します。
微力ながらお悩みを解消できればと思い、回答させていただきます。

事業の成功は『想いの強さ』によるところがあります。
自身の提供する価値によって
・どんな願望や価値を充足させたいか
・充足によって、どんな人々の喜びが見たいか
・その結果、どのように社会を変革・改善したいか

弊社の場合、
----
システムとマーケティングに関する情報、業務の提供によってスモールビジネスをエンパワーメントすることで
社会・経済を活性化させる。
----
ことがそれにあたります。

今お持ちのアイデアで収益のみを得ることが目的の場合、その提供にメリットを感じるパートナーを探されることを
おすすめします。

そのアイデアによって
・どんな願望、欲求が満たされるのか
・結果として、どのような収益が見込めるのか
を伝え、契約に至ることが、事業の目的になります。

その結果、ご自身が得たいもの(お金だけだっていいんです!)を明確にして取り組むことが大切です。
想いの強さによって、結果のあり方が変わります。

「このアイデアを売ってお金を得たい」
は悪くないです。
誰も否定しません。

契約に至るという結果が、この場合重要です。

時間が経過する中で、その売れたお金を使って何かしたいと思えば、また次の事業を考えればいいと思います。
世の中にいるお金持ちのほとんどは、会社の経営者ではありません。
上場を含めて、自身で作った事業の全部または部分的に売却した人たちです。

儲かることが実証できないと、なかなか売れないですが、「売れる事業アイデア」を作ること
は十分ビジネスになると思います。
映画などの芸能プロデューサーという職業はそれを実現しています。

ビジネスの運営はご想像の通り、正直「シンドイ」です。
想いがそこに向かわないまま起業する必要はないと思います。
ご自身の得意な価値を提供できることは、非常に立派なことです。

以上となります。
何かお力になれることがございましたらお声掛けください。
よろしくお願い致します。

 140pt

0 0 2
専門分野
IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略 市場分析・調査 事業計画・商品開発
保有資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説