事業計画書につきまして | 事業計画書作成 | 事業計画・商品開発 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


事業計画書につきまして

カテゴリー 事業計画・商品開発 > 事業計画書作成 ニックネーム

QUESTION


お世話になります。
現在、新しい人材マッチングサービスとなる
WEBサービスを開発中です。
ユーザーが自分の得意分野や時給を提示して
企業からのオファーで働くという仕組みです。
新卒向けにはJOBRASSというサイトが近い
ことをやっています。
事業ターゲットは、派遣、請負業界と求人広告
業界になりますが、パッとした事業計画書が
作れなくて困っております。
資金調達が主な目的なのですが、事業計画書の
作成におけるコツや考え方を教えて頂けない
でしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

ANSWER

お世話になります、マーケティングテクノロジーの井上と申します。
微力ながらお力になれればと思い、回答させていただきます。

資金調達をするにあたっては、資金を出す側の理屈を考えてみてはいかがでしょうか。

成長が見込め、リターン(利息も含め)が期待できる事業に対してはお金を出しますし
そうでない事業に対しては貴重な資源であるお金は提供しません。

人材事業は成長が目覚ましい一方、非常に競争の激しい分野ですので
(1)ターゲットの明確さとそのボリューム
(2)ターゲットニーズに関する知識の深さ
(3)ニーズを満たす人材の集客ノウハウ
がポイントになると思います。

(1)については、釈迦に説法だと思いますが、人材会社は大手も含め多数あり
クライアントの獲得、人材の獲得も熾烈な競争環境があります。
資金を出す側もこれは承知しているので、ターゲットが重複するところに強い
競合が存在すると、「難しい」という判断をすることが多いでしょう。
また、ニッチであってもそのボリュームが小さ過ぎると事業として成り立たせる
ことが難しくなりますので、同じ判断になります。

(2)はターゲットに対して競合と異なるアプローチができるか、という視点です。
ターゲットに対して既にサービスを提供していても、実はクライアントが満足していない
ことはあります。
ターゲットが持つ願望、欲求に対して適格な提案ができれば。先行の競合を切り崩すことが
できます。
資金提供側は、これができると判断するとお金を出しやすくなります。
人材業界では、Greenさんが採用成果報酬の定額制を打ち出して、これを実現したと思います。

(3)も釈迦に説法だと思いますが、クライアントの企業が採用したい職種・スキルは時流とともに
集中します。
人材事業では、クライアント企業が求める人材を先立って自社のリストに入れて、紹介する必要があります。
この競争も熾烈な状況が既にあり、それを生き残るためのスキルや仕組みがあるかを資金提供側は
判断するでしょう。
私の知人の人材会社は、Webマーケティングによって対象に適切にアプローチすることで
競合より
早く人材に接触することで急成長を遂げました。


以上となります。
お金を出す側の理論=確実にリターンを得られるか、考えた上で
サービスの強みを上記のようなポイントから計画書に記載することで、資金提供を受けられる可能性が
高まることと思います。

何かお力になれることがございましたらお声掛けください。
よろしくお願い致します。

 140pt

0 0 2
専門分野
IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略 市場分析・調査 事業計画・商品開発
保有資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説