事務所探しについて | 会社設立・各種法人設立 | 会社設立・許認可 | 起業・会社設立の質問なら起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


事務所探しについて

QUESTION

来年3月に会社設立を目指しております。よろしくお願い致します。
会社設立のために会社の住所が必須だと思いますが、どのように探したら良いかアドバイスいただけないでしょうか?
現在は私は賃貸のコーポに住んでおりまして、居住用で契約しているので事務所としては使用不可だと思われます。そこで、株式会社の事務所として別に賃貸物件を探したいのですが、

1普通の住居を探すのと同じ方法でよいのでしょうか?(不動産屋を回る、ネットで探す等)
2保証人もしくは連帯保証人は必要なのでしょうか?その際、夫や親兄弟で良いのでしょうか?
3事業計画書等の提出が必要となりますでしょうか?
初めての起業となりますので、確たる実績がないのですが。。
4賃貸契約は設立日の前にしておくものでしょうか?
5スムーズな契約の秘訣など、ありますでしょうか?

その他、良いアドバイスがございましたらぜひ、教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

ANSWER

初めまして。 宅建取引士・行政書士の宮崎 代志美と申します。

事務所を探す前に、現在お住まいの場所での事務所兼住居での使用が可能かどうか、貸主へ事業内容を
お伝えしたうえで、確認していただければと思います。
ただ、マンションの管理規定で、事務所使用は不可とされている場合が多いでしょうから可能性は少ないと思いますが。

それでは、どのような会社をご計画されておられるか不明ですので、一般的な事務所を想定して
ご質問の項目順に回答申し上げます。

1 探し方。
  普通の住居と同様でござます。
  開業したいエリアの不動産屋を回る、ネットで探すで大丈夫です。
2 保証人について
  貸主指定の保証会社をつけるか法人代表予定のあなたが保証人になる場合が多いと思われます。
3 事業計画書
  融資を申し込むわけではありませんので、詳細な事業計画書は求められないと思います。
  ただ、どのような事業を行うのかをA41枚にあなたのプロフィールとともにまとめていただき
  賃借申込書に添えて提出することは、重要です。
4 賃貸契約日について
  法人として契約するためには、法人設立後でなければできないし、法人設立するには、本店住所が確定しなければなりません。
  「鶏が先か卵が先かの議論」になります。
  そこで、法人設立の意思をお伝えし、個人で契約し、法人設立後は、借主名義を法人にするというのが一般的です。
  この意思を伝えておかなかったため、個人から法人への名義変更で費用を別に取られる場合もありますので、ご注意を。
5 スムーズな契約のために。
  貸主に信頼いただける借主にならなければなりません。借主の信頼のためには、貸主の窓口である不動産屋さんにあなたの
  仕事への思いと人間としての誠実さが大事です。
  この点をお考えいただき、事務所をお探しください。

  今回の回答は、以上とさせていただきます。ご参考になれば幸いです。

 40pt

0 0 0
専門分野
会社設立・許認可
保有資格
行政書士 宅地建物取引主任者 調理師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説