ホームページ作成について | ホームページ作成 | IT・インターネット | 起業・会社設立の質問なら起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


ホームページ作成について

カテゴリー IT・インターネット > ホームページ作成 ニックネーム

QUESTION

お世話になります。ホームページの立ち上げ時期について相談させてください。

会社設立の際、会社ホームページは必須だと思いますが、ホームページをネット上にあげるのは、設立前でも良いのでしょうか?

ネットで色々検索していると、設立前にホームページをあげておくと、どのページが検索されたか、などの閲覧数がわかるから、ネットにあげるのは早い方が良いと書かれていたりもします。

しかし、実際には設立前なので会社は存在しないため、問題あるのではないか?と思ってしまいます。

ホームページはどの位前から準備し、どのタイミングでアップするのが良いか、アドバイス頂けないかと思います。

よろしくお願いします。

ANSWER

ベストアンサー

お世話になります、マーケティングテクノロジーの井上と申します。
微力ながらお力になれればと思い、回答させていただきます。

(1)Web制作は早く着手した方が良い理由
 まず始めに、この部分はご存知かもしれませんが、Webページを公開しただけでは検索結果に掲載されません。
 クローラー(ページ情報を収集するサーチエンジンのプログラム)にサイトの存在を認識されないためです。

 クローラーにサイトの存在を通知するために
 ・サイトマップ(xml)を作成
 ・Search Console(https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja)でサイトマップを通知
 などの手順を実施する必要があります。

 そうして、サーチエンジンにページがインデクス(登録)されても、サーチエンジンからトラフィックを得ることは簡単ではありません。
 よほどニッチなニーズでない限り、既に競合がおり、その競合が検索結果の上位を占めているためです。
 最初は、検索結果以外のトラフィック誘導口を検討されることをおすすめします。

 上記のようなことも慣れていないと意外な程時間を取られます。
 そして、一番時間を使うべきは、サイトに掲載するメッセージについてです。

 構成やデザイン、コーディングは制作会社がやってくれます。
 会社によってはライティングの代行もしてくれるところもあります。、
 しかし、そのサイトによって
 ・誰に
 ・どのような価値を提案するか
 という一番大事なメッセージの部分は、ご自身の頭の中にしかないため、誰も手伝うことができないのです。

 検討されているターゲットに対して、ご提供される物・サービスを魅力あるものとして伝えるメッセージを作成することは簡単ではありません。
 ここに十分に時間を使われるとよろしいかと思います。

(2)SEOについて
 Webを検索される中で、SEOについての多くの情報に接触されたと思いますので、こちらについてもお話させていただきます。
 結論から申し上げますと、数十ページのサイトを立ち上げても最初から検索上位を狙うことは非常に難しいです。

 制作会社のページにある「SEO」はサーチエンジンの推奨する実装構成に適合していることを示します。
 当然それはサーチエンジンの評価の一部分であり、wordpressなどのCMSを活用して構築する場合、会社によって大きな差別化があるとは言えません。

 一番大事なのは、ターゲットが求める情報が掲載されているか、という点になります。

 リスティングなどの広告を出稿する場合にも、こうした観点のSEOは重要になります。
 広告配信はシステムで管理されており、クリック単価の入札金額以外にも、
 ・検索キーワードと広告文のマッチ度
 ・ランディングページ(クリックした先のページ)の質
 などを評価して、品質スコアというものを設定します。
 この品質スコアによって、広告の掲載が決定されます。
 品質スコアが低いと、クリック単価が高くなり、表示回数も減ってしまうのです。

 ここでも、上述しましたようにターゲットにどのようなメッセージを伝えるかが重要になってきます。
 ・ターゲットはどのようなワードで検索するか
 ・ターゲットが欲しい情報をページ内に含められているか
 について検討しながらサイト制作の準備をされるとよろしいかと思います。

(3)公開について
 例えサイトが完成しても、公開しないための手段はいくつかあります。
 「BASIC認証」と検索すると、サイトの閲覧にID/パスワードを設定する方法が見つかると思います。
 wordpressで構築すると、プラグインというクリックだけでインストールできる外部機能を使ってサイトの閲覧にパスワード入力を求めることができます。
 
 また設立日の横に(予定)と記載することで虚偽には当たりませんし、現職の会社の方と退職予定日の調整が取れていれば特段問題がないようにも思います。


以上となります。
お力になれることがございましたらお声掛けください。
よろしくお願い致します。

============================================================
マーケティングテクノロジー株式会社
Marketing & Technology Inc.

代表取締役 井上 教典 Kyosuke Inoue

〒140-0001 東京都品川区北品川1-9-7 トップルーム品川1015
TEL:03-6869-7986
============================================================

 140pt

0 0 2
専門分野
IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略 市場分析・調査 事業計画・商品開発
保有資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説