バーチャルオフィス・旧姓での法人登記について | 会社設立・各種法人設立 | 会社設立・許認可 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


バーチャルオフィス・旧姓での法人登記について

QUESTION

来年1月に株式会社を設立する予定です。
申し訳ないのですが、教えてください。

1.住所の登記はバーチャルオフィス または 自宅を考えています。
2つは都道府県が違いますので、できれば自宅で登記をしたいと思っています。

①名刺にはバーチャルオフィスを記載できますが、クライアントとの
契約書にはやはり登記されている住所(自宅の住所)を記入する必要がありますか?

②法人番号を検索するときに都道府県を入れる必要がありますが、
クライアントには事務所と本社が違うことを伝えても怪しまれないでしょうか?

②パートさんを2名採用する予定です。在宅ワークで、雇用保険にも
入れられますか?

2.登記するときには本名を使いますが、名刺やHPには勤務名(旧姓)を
使う予定です。

①契約書には本名を書く必要がありますか?

②名刺には勤務名だけでも問題ありませんか?

よろしくお願いいたします。

ANSWER

いただいたご質問について、下記の通り回答させていただきます。

①名刺にはバーチャルオフィスを記載できますが、クライアントとの
契約書にはやはり登記されている住所(自宅の住所)を記入する必要がありますか?

 → 住所表記を自宅でされる場合は、自宅住所での契約書作成が必要になります。


②法人番号を検索するときに都道府県を入れる必要がありますが、
クライアントには事務所と本社が違うことを伝えても怪しまれないでしょうか?

 → 業種にもよるかもしれませんが、状況について正直に伝えれば問題ないと思います。
   本社を移転したのに届け出を怠っている、など誤解されてルーズな印象を持たれないように配慮された方が良いかと思います。

②パートさんを2名採用する予定です。在宅ワークで、雇用保険にも入れられますか?

 → 所定の労働時間や労働日数などの条件を満たせば、雇用保険の対象になります。

   不安があるようであれば、クラウド士業サービスのBizerというサービスに登録されてはいかがでしょうか?
   月額2980円で様々な士業の方に相談し放題ですので、入り組んだ経理状況も解決できるのではないかと思います。
   https://nicopro.co.jp/bizer

   新規登録時に1ヶ月の無料期間がある他、上記のサイトでさらに1ヶ月分無料になるクーポンも配布しています。

2.登記するときには本名を使いますが、名刺やHPには勤務名(旧姓)を使う予定です。

①契約書には本名を書く必要がありますか?

 → 私文書なので相手方が気にされなければ、旧姓での契約書作成で問題はありません。
   下記のような書き方をされてはいかがでしょうか?
   ・代表取締役 ●●●●子(○○○○子)※●は旧姓、○は新姓

②名刺には勤務名だけでも問題ありませんか?

 → 名刺ももちろん勤務名(旧姓)で問題ありません。

 1180pt

0 0 6
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説