複数の事業を行いたい | 会社設立・各種法人設立 | 会社設立・許認可 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


複数の事業を行いたい

QUESTION

現在フリーでIT関係の事業をしているのですが、夢である飲食店開業のため近々会社を設立しようと考えています。
IT関係の売り上げが月数十万円以上見込める状態なので、ITの事業を継続しつつ飲食店の経営を行いたいと思っています。
1つの会社でITと飲食という異なる事業を行うというイメージです。
そこで相談があります。

1. 異なる複数の事業を1つの会社で行うと税務の観点ではどのような問題が発生しそうでしょうか。
2. 飲食店を出すにあたり融資を受けたいと思っていますが、その際の事業計画書はIT事業も含めた内容にすべきなのか、飲食に閉じた内容にすべきなのかアドバイスお願いしたいです。
3. もし、飲食店での利益が足りなくて飲食店の家賃支払や借入返済のお金が足りない場合、最悪IT事業で出た利益から賄うというようなことも可能なのでしょうか(そうならないように事業計画は立てるつもりですが)。

別々の会社にした方がいい等ベターな方法があれば併せてアドバイスいただきたいです。
よろしくお願いします。

ANSWER

様々な考え方があるかと思いますが私としては別会社を設立されることをオススメします。

理由は失敗したときのリスク対策です。
現在、IT関係の売上は安定しているということなので、万が一、飲食店がうまくいかなかった場合、
別会社にしておけば、事業をたたむことが比較的容易になります。

起業前に倒産のリスクは考えたくないものですが、最悪の場合でも大丈夫、という逃げ道を作っておくことで
心配事が減り、事業もうまくいくことが多いです。
(起業家の中には、背水の陣を取られる方も多いですが健康を損なうリスクも多く、継続的な成長のためには健康が重要です。)

ですので、事業計画については、飲食店のみとし、飲食店が赤字になる場合もIT事業とは別に考え、役員からの借金という形にするのが良いのではないかと思います。

と書きましたが、確かに化粧品で有名なDHCのように1社で多事業を行っている例もあります。
https://top.dhc.co.jp/company/jp/cp.html

「IT企業が運営する飲食店」として話題作りができるのであれば、それも良いかもしれません。

他の事例などについても相談が必要な場合には下記からご連絡ください。

 1330pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

記載された概要からの第一印象では、複数事業を行う会社1社の設立で問題無いかな、とは思います。
いったんご質問に対し1問1答させて下さいませ!!

1. 異なる複数の事業を1つの会社で行うと税務の観点ではどのような問題が発生しそうでしょうか。
⇒消費税の問題が発生しそうです。IT収入が消費税課税取引(業務委託/SES契約等)か否(給与等)かわかりません。一方、飲食店事業は初期投資が発生します。単体事業でやる場合は、『消費税課税事業者』を選択して、払い過ぎの消費税の還付を受けられる(⇒実質投資額の108分の8近くの金額が手元に残る)可能性があります。複数事業でやると、このメリットが薄れるもしくは無くなる可能性があります。さらに消費税対応は大変なので、中小企業は『消費税課税事業者』を選択しない場合は、『簡易課税制度』の適用を受けられますが、その際の消費税計算が複雑になります。貴方が税務に相当自信があるのでなければ、税務の専門家である税理士に具体的な内容で相談されるのが良いと思います。

2. 飲食店を出すにあたり融資を受けたいと思っていますが、その際の事業計画書はIT事業も含めた内容にすべきなのか、飲食に閉じた内容にすべきなのかアドバイスお願いしたいです。
⇒飲食に閉じた内容にすべきです。ITの分も計画作成してください。そして融資相談先のニーズで合体版が欲しいと言われたら、2つを加味して合体版を作成しましょう。

3. もし、飲食店での利益が足りなくて飲食店の家賃支払や借入返済のお金が足りない場合、最悪IT事業で出た利益から賄うというようなことも可能なのでしょうか(そうならないように事業計画は立てるつもりですが)。
⇒勿論です。ただ借入先には、当然事業別の損益・進捗を確認されますし、事業別で計画対比を見てきます。計画に対して実績が落ち込んだ場合は、挽回策を施し、それを計画に反映・更新し、借入先にも共有することとなるでしょう!

いずれにしましても、具体的なところはドリームゲートで「税務」「資金調達・事業計画」に詳しいアドバイザーを探し、相談されるのが良いと思います!!

 760pt

0 0 5
専門分野
経営計画・改善 資金調達 事業計画・商品開発
保有資格
日商簿記1級 / IPO(新規株式公開・新規上場)・M&A(事業売却)支援 / 将棋アマ2段

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説