土壌環境教育事業での企業について | ビジネスモデル開発 | 事業計画・商品開発 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


土壌環境教育事業での企業について

QUESTION

現在、大学院で生物系の研究をしている学生です。

土環境に特化した環境教育事業を始めたいと考えています。

具体的な業務は、
・エコツアー(土の中の生物観察など)の主催・運営
・小学校などの教育機関への出張授業
・(場所を作ることができれば)常設的な展示
などを考えています。

学部時代に学芸員資格を取得し、研究だけではなく展示や教育普及を行うことへの興味がわきました。
しかしそれと同時に、日本の学芸員は雑務に追われて本来の研究や展示、教育普及といった学芸員業務に手が回せていないという現実も学びました。
そこで、博物館のように場所を持たずに教育普及に専念できる仕事があれば、と考えました。
(規模が大きくなれば場所を作って展示なども行いたいとは考えています。)

なぜ教育対象を「土」に絞るのかという点ですが、
日本の理科教育では緑地公園などに遠足に行ったり校庭の木についている虫を観察するような機会はありますが、土を掘り起こしてそこにいる生き物に目を向け観察するような学びの場はなく、子どもたちは自分の足元にある土のことをあまりよくわからないまま大人になってしまいます。
同じく生物を学んでいる周りの友人ですら土壌についてはよく知らない人が大半です。
土が無ければ森林も野菜も育ちませんし、土の中の生き物がいなければ土が育ちません。
こんなに人間の生活にとって重要な土に対して、今の日本では誰もが知識を持たずに成長していくということに疑問を感じました。
こういった観点で、土環境に対する教育普及の場ができる必要があると考え、対象を絞りました。

海環境も似たような状況ですが、こちらは多くの会社やNPO法人が既にあります。

実績と言えるほどではないかもしれませんが、実際に学内や博物館での展示や解説・小学生を対象にしたシンポジウムでの講演・大学主催の環境教育イベント(土ではなく虫取りや野鳥観察がメインでしたが)のスタッフなどの経験はあります。

しかし起業に関する知識が乏しい上に、資金も同じ目標をもって一緒に動いてくれる仲間もいない状態です。
長々と書いてしまいましたが、どこから勉強や準備を始めるべきかアドバイスを頂きたいです。
よろしくお願いいたします。

ANSWER

アドバイザーの萩原崇です。
私も農学部出身でした。

土環境の環境教育事業、専門知識がないと思いつくことすら難しいことですね。
その分、独自性もあり、参入障壁のある領域だと思います。

さて、起業に関してですが、学生起業する方も増えてきていますし、
まずは事業内容に共感してくれる仲間を探すところから始めてはどうでしょうか。

仲間といっても、一緒に事業をやってくれる人だけでなく、
資金面で支援してくれる人、学校に顔が広くて紹介をしてくれる人、
など様々な仲間集めをするのが第一歩ではないでしょうか。
(実際、これこそが社長の仕事だったりします。)

オンライン・オフラインを駆使して、情報発信をして仲間を集めましょう。

以上ご回答申し上げました。

--------------------
次世代コーチング理論を活用:FizzBuzz LLC.
代表 萩原崇 (はぎわら たかし)

 190pt

0 0 1
専門分野
経営計画・改善 研修・コーチング
保有資格
日本認知科学会 正会員 / Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ / 一般社団法人コグニティブコーチング協会認定コーポレートコーチ / 青少年向け次世代教育プログラム「PX2」公式ファシリテーター

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説