国内法人を海外から経営できますか | 海外進出支援(その他) | 海外ビジネス | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


国内法人を海外から経営できますか

カテゴリー 海外ビジネス > 海外進出支援(その他) ニックネーム

QUESTION

現在起業し一人社長で経営している合同会社があります。
今回、自身のスキルアップのためアメリカに留学することにしました。

会社の業務自体はネットさえつながっていればどこでもできるので、
できれば、会社を清算したり、休眠させたりせず、引き続き経営しながら留学したいと考えています。
できれば、留学後もそのままアメリカで就職したいとも考えています。
ただし、住民票は抜いて、非居住者になろうと思っています。

この場合、厚生年金と健康保険はそのまま加入することになるようですが、
会社の給料に関わる日本とアメリカでの納税はどうなるのでしょうか?
また、出国前までにどのような手続きが必要になりますか?

ANSWER

ご依頼の件、日本と米国のいずれかで事業あるいは労働した場合の納税はどのようなものか、との事。

第一に、財務省が租税条約を定めており、この条約の中に「二重課税の除去」があります。詳しくは下記ウェブサイトを参照下さい。

https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/international/h07.htm

第二に、あなたの合同会社の財務内容によっては、今後どのように進めるのかが異なってくると思われます。


以上より、合同会社の事業内容、財務内容、市場機会、会社解散費用などを詳細にご検討されるのが望ましいと考えます。

何かご不明な点等がありましたら、いつでもご連絡下さい。

 360pt

0 0 2
専門分野
海外ビジネス 市場分析・調査
保有資格
MBA

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

法改正により、非居住者だけでも日本法人を設立できるようになりました。

引用:
法人事業における役員報酬は、代表者が非居住者であったとしても、国内源泉所得として日本で課税を受けます。
適用される税率は報酬額に対して一律20.42%で、源泉徴収のみで課税が完結します。

記事本文も参考にしてみてください。
https://xn--7rs178bkgjf7vk8bba.com/blogs/non-resident/japan-incorporation/

 1180pt

0 0 6
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説