株式会社の配当の考え方について | 経営戦略策定 | 経営計画・改善 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


株式会社の配当の考え方について

カテゴリー 経営計画・改善 > 経営戦略策定 ニックネーム

QUESTION

株式会社を運営しています。
起業後、1期を終了し、黒字となった場合の、
配当の考え方が分からず、こちらに投稿しました。

株式会社は黒字となった場合、必ず配当をする必要がありますか?
調べていると、配当をする必要はない、配当は税務処理が面倒という意見もあるようで、
どのように対応するべきなのか、分からず困ってしまいました。
(株式は個人で100%所有しており、できるなら配当したくないと考えています)
また、配当をする、しないの決定、手続きは株主総会にて、決定するという形で良いのでしょうか?
どうぞ宜しくお願いします。

ANSWER

株式会社は黒字となった場合、必ず配当をする必要がありますか?
⇒『必ず』ではありません。

株式は個人で100%所有しており、できるなら配当したくないと考えています
⇒配当したくない理由にはよりますが、所得税(+住民税)は累進課税(5+10~45+10%)、法人税等は全部で約30%、未上場株配当所得は約20%、なので、税務メリットも勘案しても良いとも思います^^

また、配当をする、しないの決定、手続きは株主総会にて、決定するという形で良いのでしょうか?
⇒おっしゃる通りです。

 750pt

0 0 5
専門分野
経営計画・改善 資金調達 事業計画・商品開発
保有資格
日商簿記1級 / IPO(新規株式公開・新規上場)・M&A(事業売却)支援 / 将棋アマ2段

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

会計士・社労士の高橋です。よろしくお願い致します。
ご質問の件ですが、まず会社が黒字となった場合に必ず配当する必要があるか否かと言いますと、その必要はありません。次に手続き面ですが、取締役会設置会社が中間配当を行う場合(会社法454条5項)や会計監査人設置会社における特例(会社法459条)を除き、配当するか否かの決定は株主総会で行います。現状では株主がご質問者の方お一人のみということですので、ご質問者の方が時期や回数に関係なく自由に決定できます。ただし、財源規制(会社法461条)や利益準備金の積立て(会社法445条4項)といった、会社法上の規制がありますので、法令違反が無いように配当を行うには、専門家の手を借りた方が良いと思います。
また、税金面で考えますと、会社オーナー兼経営者が得る収入に関し、役員報酬と配当ではどちらが税金面で得なのかというご質問を受けますが、この点は法人税と所得税両者に関係してきますので、綿密なシミュレーションを行って決定した方が良いと思います。
(回答は、平成30年7月3日現在の法令等に基づいています。)

 910pt

0 0 6
専門分野
会社設立・許認可 会計・税務 経営計画・改善 人事労務 資金調達
保有資格
公認会計士 税理士 中小企業診断士 社会保険労務士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説