海外在住で日本に販売するネットショップの確定申告方法など | 海外進出支援(その他) | 海外ビジネス | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


海外在住で日本に販売するネットショップの確定申告方法など

QUESTION

現在、日本のプラットフォームを通じてネットショップを運営しています。アメリカの商品を日本へ販売しています。この度は、税金などの考え方について、専門家の方のご意見をいただきたく、ご連絡させていただきました。

当方アメリカ在住なので、小売業としてアメリカの個人事業主として登録していますが、顧客からの入金などは基本的にすべて日本の口座に振込んでいただいています。申告は居住地であるアメリカで行う予定ではあります。

日本の口座は個人口座なので、できれば法人口座に変更したいのですが、その場合、税金などはどうなるのか、、少々ややこしく感じています。

この辺り、恥ずかしながら不案内ですので、可能な考え方など教えていただければと思います。
もちろん、税金などは正しくきちんと収めたいと考えています。

どうぞよろしくお願いします。

ANSWER

ご依頼の件、海外在住で日本に販売するネットショップの確定申告方法など、との事。

結論を申しますと、記載内容より、今後の事業展開をどうするのか、それからTax return(確定申告)をご検討されるのがよいのではと思われます。

以下、ご説明致します。
起業娘さんの米国でのForm of ownershipは、Sole proprietorshipとの事。
この場合、起業娘さんが日本市場に進出する時、駐在事務所、法人、支店の3つの事業形態があり、このうち駐在事務所は日本国内での営業ができませんので、もし日本国内での営業活動を強化するのであれば、法人あるいは支店のどちらかを設立することになります。第二に、法人にしても支店にしても、日本に代表者を配置することになります。第三に、一旦法人あるいは支店登記すると売上がゼロでも、都道府県・市町村に住民税(大抵の場合、合計年間70,000円)を納付することになります。第四に、支店の場合、もし起業娘さんが支店を閉鎖するようになった場合、日本の代表者にはその権利がないため、起業娘さんが閉鎖に関する宣誓供述からすることになり、納税を含む費用負担なども発生します。尚、法人の場合は、日本の代表者に閉鎖権利があります。

従いまして、なぜ日本で法人格を持つのか、をご検討されるのが望ましいと思われます。

以上、何かご不明な点等がありましたら、いつでもご連絡下さい。

 290pt

0 0 2
専門分野
海外ビジネス 市場分析・調査
保有資格
MBA

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

こんにちは。税理士の加賀谷です。


ご質問の件ですが、ネットショップとして運営されているということで、もし日本で支店等を構えていない場合(恒久的施設が日本に無い場合)は、事業に対して日本の税金はかからないこととなっております。支店等というのは、実店舗を構えているかいないかで判断されます。

そのため、事業の所得に関しては日本の税金はかかりませんが、日本の口座が個人口座であっても、法人口座であっても、当該口座に係る利子には日本の税金が源泉徴収されることになります。


ご質問のご回答としてもし不十分であったり、その他ご質問等ございましたら、お気軽にオンライン相談にてご相談下さい。

 120pt

0 0 1
専門分野
会計・税務 事業計画・商品開発 資金調達 集客・販路拡大・営業戦略 研修・コーチング
保有資格
税理士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説