会社を設立するべきか個人事業主か | 会社設立・各種法人設立 | 会社設立・許認可 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


会社を設立するべきか個人事業主か

QUESTION

WEBサービスで事業を始めようと思っているのですが、当初は利益が出る見込みがなく資金もあまりないため、会社を設立するべきか個人事業主で運用するべきか悩んでいます。

ただ運営するWEBサービス内で決済のシステムを導入するのですが、決済の機能がある場合は会社を設立した方がよいでしょうか。それとも個人事業でも問題はないでしょうか。

よろしくお願いします。

ANSWER

結論から申しますと『どちらでも大丈夫です!』
決済機能があるので信用を厚くしたいというご希望でしょうか!?
・他社決済との連携による決済でしたら、連携先がどこかの方が重要と考えます。
・自社決済でしたら、個人より会社の方が幾分信用度が高い可能性はあります。が大きな要素ではないと考えます。

決済に関する信用を高める以外の観点では、貴方の働き方に関する優先度によって決めることでいかがでしょうか!?
他に本業をお持ちで、その節税目的が当面の主目的な場合⇒具体的な収入・資産状況を明らかにし、税理士に相談されるのが良いと思います
WEBサービスを当面はご自分で運営するが、副業的に考えている場合⇒当面個人事業主。本業が会社員の場合就業規則の遵守の範囲で。
本業として、WEBサービスをご自分で運営して行きたい場合⇒会社設立
WEBサービスを当面はご自分で運営し、基本的には拡大して行きたい場合⇒会社設立
出口(事業売却・IPO)も見据える場合⇒会社設立

行間からは、副業的な取組では無い印象を受けました。
そうであれば、総合的には会社設立の方に軍配が上がるように思います!

 750pt

0 0 5
専門分野
経営計画・改善 資金調達 事業計画・商品開発
保有資格
日商簿記1級 / IPO(新規株式公開・新規上場)・M&A(事業売却)支援 / 将棋アマ2段

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説