社名に「メディカル」が入るときのリスクについてご教授ください | 訴訟 | 法務・知財・特許 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


社名に「メディカル」が入るときのリスクについてご教授ください

カテゴリー 法務・知財・特許 > 訴訟 はるはる

QUESTION

初めまして。
先生方にご質問させていただく投稿させていただいております。

この度、薬草を使った美容商材を製造しFC展開にて広めたいと考えています。
私自身がもともと医療従事者だったこともあり
商品名や社名に「メディカル***」と
メディカルを付けたく思いますが、
今後広告などで商品名・社名を使って広めようとした場合に薬機法などで
問題が出ないかどうかが分かりません。
また、その他気をつけなければならない点もきっとあるのではないかと思う次第です。
どなたかアドバイスいただけませんでしょうか?
ご指導よろしくお願いいたします!

ANSWER

ご心配の通り、薬機法では医師等が保証したと誤解を与えるおそれのある記事の広告・記述・流布が禁止されています。
「薬草を使った美容商材」が医療品でない場合、医療品と誤解を与える表記はかなり危険だと思います。

「メディカル」に思い入れをお持ちだとは思いますが、「ライフ」のような生命・生活に関わりつつもより医療を連想させづらい社名や商品名を検討されたほうが無難かと思います。

 1350pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説