健康診断の費用を経費しても問題ないか | 会計・決算処理・法人税務 | 会計・税務 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


健康診断の費用を経費しても問題ないか

QUESTION

私と社員1名で会社をやっているものです。

今まで忙しさにかまけて、健康診断等に行っていなかったのですが、
今年は利益がだいぶ出て余裕があるので、
私ともう一人の社員の健康診断をしようかなっと思っています。

ただ、両名とも国民健康保険で健保組合等に加入していないので、
健康診断といっても普通の病院の検診を受けてくるだけです。

近くの病院で聞いたら、だいたい2万円くらいで受けられるらしいのですが、
(人間ドックコースだともう少し高くて4万近い)
これをそのまま経費として処理しても問題ないでしょうか。

ANSWER

健康診断に要する費用は、本来個人が負担すべきものであることから、原則社員への給与として所得税の源泉徴収をしなければなりませんが、次のような条件を満たしている場合には、課税しなくても差し支えないこととされています。

1.従業員全員または一定年齢以上の者がすべて対象であること

2.診断内容が健康管理上必要であり常識的な範囲であること

3.費用を会社が直接診断機関に支払うこと(後日、当人に現金支給した場合には不可)

以上の要件を満たしていれば、福利厚生費として処理することが出来ます。

ご質問のケースでは著しく多額であるとは思われませんので、指定日に受診した方については課税されません。

なお、取締役など一定の役職以上の者だけを対象とする高額な人間ドックは、福利厚生費とはみなされず、給与として課税対象となるので注意が必要です。

 1060pt

0 0 4
専門分野
資金調達 経営計画・改善 会計・税務
保有資格
税理士 中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説