仕事を続けながら会社設立し、長期休暇で開店準備したい。 | 会社設立・各種法人設立 | 会社設立・許認可 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


仕事を続けながら会社設立し、長期休暇で開店準備したい。

QUESTION

お世話になります。後藤と申します。

現在の仕事を続けながら、会社設立だけして、
連休や長期休暇などを利用してコツコツと時間をかけ
お店を出す準備などをするというやり方は
問題ないでしょうか?

別の見方で説明しますと、会社設立はしたものの、
事業計画がうまくいかず、止むを得ず中断した場合、
何か大きなリスクを負うことがあるのでしょうか?
(会社は作ったものの、商売はできていない)

後ろ向きな質問になってしまい申し訳ありません...

ANSWER

はじめまして、後藤様。
営業マーケティング担当の本元(ほんもと)と申します。
全く問題ありません。
法人住民税が年間約7万円掛かるくらいです。

あと、創業助成金関係が対象外となるかもしれません。

準備はとても大切です。
起業準備手続き、返済不要の助成金、補助金、融資、
税務、事業計画、経営、営業、専門分野などの勉強会が
このドリームゲートを含め自治体などでも全国各地で多数行われております。
ゆっくりあせらず進めることをお勧めします。
是非頑張ってください。

 710pt

0 0 4
専門分野
集客・販路拡大・営業戦略 事業計画・商品開発 経営計画・改善
保有資格
中国前海股権交易中心(深セン)推薦機構正会員 /上海股権托管交易中心(上海)推薦機構授権会員

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

はじめまして、スペース・ソルバの福田と申します。

実務的に休眠手続きをしたことがあり、そのときに税理士とやり取りした経験をもとに回答いたします。

会社を設立したものの事業計画がうまくいかず、止むを得ず中断する場合、解散・清算や休眠として手続きすることになるかと思います。ただ、今後も連休や長期休暇などを利用してコツコツと時間をかけお店を出す準備などをするということであれば、休眠の手続きをされた方が、余計な税金を支払わなくて済むことができます(均等割を免除)ので、望ましいかと思います。

休眠の手続きは解散・清算と異なり、税務署や所管の地方自治体に休眠の届出を提出するだけで非常に簡易なものになります。(なお、地方自治体によっては均等割の処理について差異がございますので、確認は必要になります。)

仮に休眠することで考えられるリスク(懸念事項も含みます)という点では、

①休眠手続きによって許認可の取り扱いに影響が出る可能性があります。(影響が出るか否か不明なため、別途、調査が必要です。)
②休眠は登記上会社として存在した状態ですので、税金は免除されても登記が免除されるわけではないため、適切な登記手続きをしませんと、登記懈怠による過料に処せられる可能性があります。
③休眠後に営業の見込みが出て、営業再開になったときに、取引先に社歴等について余計な詮索をされる可能性(取引してくれない等)が考えられます。

リスク(懸念事項も含みます)につきましては、もっとあるかもしれませんので、顧問の税理士や税務署や所管の地方自治体等に一度お問い合わせてみてはいかがでしょうか?

ご参考になりましたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

 2480pt

0 0 9
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善 IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
MBA MBA/上級IPOプロ/公認内部監査人/税理士(簿,財)/建設業経理士/アナリスト会員補/FP2級/事業再生士補/衛生管理士/メンヘルⅡ種/個人情報保護士/初級シスアド/診断士1次/販売士1級/ビジ著作権上級/ビジ法務・知財2級/食品衛生管理者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

初めまして。
新井と申します。

会社設立して中断した場合は休眠届けを出せば税金などの
支払いもないので、問題ないと思います。

一般的には、2500万円以下の売り上げの場合は
法人化したほうが、損をするとも言われています。
どうしても法人にする必要がないのであれば個人事業として
創業するのも一案ではないでしょうか。

あなたが会社員であれば、副業に関する規定があるかもしれません。
副業を認めていない企業であれば、会社設立や個人開業は
問題となりますので、お気をつけください。

 1790pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 人事労務 研修・コーチング
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー/JPA認定心理カウンセラー/JPA認定トークコーディネーター2級/販売士/PADIアドヴァンスダイバー/ワークガイダンス講師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説