工場の稼働率を上げる自社事業を新たに始めたい | 新規事業開発 | 経営計画・改善 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


工場の稼働率を上げる自社事業を新たに始めたい

QUESTION

茨城県で小さな工場を経営しています。

ここ数年ほど経営状況が非常に厳しく、
大手さんからの受注も来年、再来年とますます減りそうでして、
コストカットも限界にきています。

今ある設備をなんとか活用して新しい事業をやりたいのですが、
どう手をつけていけば良いか分からず困っています。

元々父親から受け継いだ工場で従業員は10名も居ないのですが、
ずっと同じ仕事しかしてなかったのでアイデアがでそうにありません。
田舎なので周りも似たような人ばかりで、
相談しても愚痴にしかならず出口が見えない毎日です。

私のような場合、まず何から始めれば良いのでしょうか。

こんな質問をして良いのかわからないのですが、
宜しくお願いいたします。

ANSWER

はじめまして。税理士の菅原と申します。

現在の設備を活用して新しい事業に乗り出したいとの事ですね。

オーソドックスですが「SWOT分析」をお勧め致します。

S(自社の強み)
W(自社の弱み)
O(外部環境の機会)
T(外部環境の脅威)

ご質問の内容だけですと、どういった設備でどういった業種なのか分かりかねますが、これら4つを明らかにした方がよいと思います。

そしてこの4つを明らかにした上で、成功者の事例などの情報をインターネットなどで調べて、自社で置き換えられるものはないか?自社で模倣(応用)できるものはないか?を研究することが必要です。

もちろん、お一人ではなかなか困難な作業ですので、例えば地元の商工会議所の協力を仰いで一緒に取り組むなどは如何でしょう?
地元の商工会議所などにはそのような相談が舞い込んできている可能性がありますので、商工会議所主導でビジネスマッチングを行っているかもしれません。

 1060pt

0 0 4
専門分野
資金調達 経営計画・改善 会計・税務
保有資格
税理士 中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

こんにちは。

アドバイザーをしております、石黒と申します。
少しでもお役に立てればと思い、回答をさせていただきます。

>今ある設備をなんとか活用して新しい事業をやりたいのですが、
>どう手をつけていけば良いか分からず困っています。
>私のような場合、まず何から始めれば良いのでしょうか。
ということですね。

「今ある設備」で何かできるのかをすべて棚卸しされてはいかがでしょうか。
棚卸した内容と時代のトレンドに重なる部分があればそれが、新たなアイディア
といえる可能性が高いといえます。

時代にマッチしてない物は淘汰されます。
どうしても「今ある設備」では活路を見いだせないとなると、御社の事業戦略を
根本から見直す必要があるかもしれません。

以上、参考にしていただければ幸いです。

 450pt

0 0 4
専門分野
資金調達 会計・税務
保有資格
税理士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

初めまして。
新井と申します。

今後、日本の製造業は益々厳しくなると予想されますので
何とかしないとと思われている気持ちはわかります。
大変ですよね。

現在ある設備の転用ですが、基本的な考え方としては
貴社の特徴や強みがどこにあるのかという点です。
ここからモノを考えるのがベターではないでしょうか。

単純作業は間違いなく人件費の安い地域にシフトします。
逆に日本人にしか出来ない技術、対応は残ります。
そういう観点から考え、貴社の強みを掛け合わせた時に
勝負のポイントが見えるのではないでしょうか。

似たような方々と会話をしても愚痴になる・・・
その通りです。
前を向いて考える事が出来る人と一緒に考えてみるほうが良いのでは
ないでしょうか。

 1790pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 人事労務 研修・コーチング
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー/JPA認定心理カウンセラー/JPA認定トークコーディネーター2級/販売士/PADIアドヴァンスダイバー/ワークガイダンス講師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

ご相談内容は、企業再成長はどう進めるのか、との事。

企業は財務会計上、損益計算書より、売上[R]-経費[C]=営業利益[P]、と表わすことができ、また経営とは利益を出すことなので、経営課題に取り組むなら、このR-C=Pという式が今後どうなるのかの検討からスタートする事になります。更に、Pの伸びが最大となるのは、Rが増加し、Cが減少する時ですから、売上増大、経費削減を同時に(並行して)行うことになります。一方、「コストカットは限界」との事なので、以下、売上に関して取り組む事項を幾つか列挙しました:

[1] 売上構造を把握する。例えば、売上が一企業に大きく偏っている場合は改善する、等。
[2] 社長直下に調査研究チームを発足し、調査(特に市場調査、現顧客のニーズ調査)、新製品あるいはサービスの研究を行う。
[3] 社長直下にM&Aチームを発足し、企業提携等の提携事業の模索、提携先の発掘を行う。

以上、何かご不明な点等がありましたら、いつでもご連絡下さい。

 360pt

0 0 2
専門分野
海外ビジネス 市場分析・調査
保有資格
MBA

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

はじめまして、スペース・ソルバの福田と申します。

御社の経営資源(人、物、金、情報、ブランド、安心感、ノウハウ等)における強みも分からなければ、茨城県の工場でどんな材料を加工して、何を生産されているのか、またどのような特殊な設備なのかが不明なため、「今ある設備を何とか活用して新しい事業」に対する具体的なアドバイス(アイデア出し)ができません。

>私のような場合、まず何から始めれば良いのでしょうか。

まずは、このQ&Aサイト(あるいは直接私のオンライン相談窓口)でも構いませんですので、差支えない範囲で詳細な情報を開示した上でご相談されることが良いかと思います。

ドリームゲートのアドバイザーの中には、ボランティア精神旺盛な方や様々な経歴、経験やアイデアを豊富に持つ方もいますので、きっと貴方にとって有益な情報や経営上の問題に対するアドバイス(アイデア出し)が得られるはずです。

ご参考になりましたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

 2480pt

0 0 9
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善 IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
MBA MBA/上級IPOプロ/公認内部監査人/税理士(簿,財)/建設業経理士/アナリスト会員補/FP2級/事業再生士補/衛生管理士/メンヘルⅡ種/個人情報保護士/初級シスアド/診断士1次/販売士1級/ビジ著作権上級/ビジ法務・知財2級/食品衛生管理者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

多くの産業でコストダウンの要求が高くなってきているなかで
対策は必ずあると信じて進むことを出発点に!
もし、他に対策があるとしたら?を合言葉に、いっぱい出してみましょう!
(出来る出来ないは後回しで!)

対象商品をもう少し高くうる方法は?(付加価値を付けられないか?)
対象商品をもう少し数売る方法は?(同じ会社の中では?
(他社に同じような商品を売るには?)
対象商品の周辺商品を売ることが出来ないか?

今の取引先の部署以外の部署への販売は出来ないか?
今の取引先でない他社に販売する方法はないか?

他業界に今の技術を使った商品を売ることが出来ないか?
どんな業界に商品が売れそうか、いっぱい探してみたことは
ありますか?

御社の強みを使った商品は、何を提供できますか?
それは、感動する商品でしょうか?
それは、お客様からファンに成ってもらえますか?
(出来ると信じて進みましょう!)

考えた商品に付加価値を付ける方法は無いですか?
主商品の周辺商品などでトータルで利益を産む方法はありませんか?

お客様はどこ・どんな人がいらっしゃいますか?



 370pt

0 0 4
専門分野
経営計画・改善 研修・コーチング
保有資格
5CコンサルタントPBC資格、コーチング資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説