英文契約書の言い回しについて | 契約書作成 | 法務・知財・特許 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


英文契約書の言い回しについて

QUESTION

お忙しいところすみません。

英文の契約書で、”licensor”と書いてしまってよいところを

わざわざ、
Named hereinafter « the license giver » or « the grantor » or « the licensor »
とか
Party of the second part, Named hereinafter collectively « the parties »

のように複数の名称で明示されるように指定して来ています。

基本的に二社間での契約で、許可を与える方は一方であるのでこのような言い回しは
逆に混乱するように思えるのですが、英文契約書では普通によくあることなのでしょうか?

お忙しいところすみませんが、何卒よろしくお願いいたします。

ANSWER

NY州弁護士の奥山と申します。

英文の契約書では、戦前から(ちょっと大げさか?)使い回されているような表現が今でもテンプレート的な契約書に氾濫しています。どのようなコンテクストで上記のフレーズが使われたのか?が、わからないので、断定的なお話をさせて頂くことは難しいのですが、Licensor、Licenseeで良いように感じます。両方にかかわる場合に備えて、Partiesを規定しておくことはよくあることです。私もよく使います。

Web上にさまざまなテンプレート契約書があふれていますが、ぴったりの契約書は、やはり、Order Madeの契約書です。もともとの契約書が、間尺に全く合わないと、混乱して、書き下ろす方が直すよりよっぽど早く、安く、しっかりとした契約書になることが多いので、何かの節にはご相談ください。

奥山 英二
NY州弁護士・NH州公認会計士(Inactive)
DG Advisor
President, Strategic Legal Solutions, Inc.

 280pt

0 0 2
専門分野
法務・知財・特許 会社設立・許認可 海外ビジネス
保有資格
弁護士(海外法含む) 外国の専門資格(米国公認会計士等) 弁護士(ニューヨーク州)、公認会計士(ニューハンプシャー州 )

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説