事務所利用「不可」の家賃を経費化しても問題ないでしょうか。 | 確定申告・個人税務 | 会計・税務 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


事務所利用「不可」の家賃を経費化しても問題ないでしょうか。

QUESTION

これから個人事業主として開業をしたいのですが
経費についての質問です。


よくある質問内容で大変申し訳ないのですが
ネットを検索していてもよく分からない部分があり
ご相談させて戴きたく宜しくお願い致します。


個人事業主が「賃貸の」自宅を事務所とする際に

・事務所として使う部分について計算し、経費として計上できる
・事務所利用可能物件でないと大家が税務上トラブルに巻き込まれる
 (もしくはきちんと大家と話をつけておく)

という情報がネット上に散見されます。


現在、事務所利用「不可」の物件に住んでおり、
ご教示頂きたいのですが
事務所の家賃を経費として申請しなければ事業を営んでもよいのでしょうか?


阿呆な質問内容になっているかもしれませんが
ご教示頂ければ幸いです。


ANSWER

税理士望月丈偉です。

賃貸住宅の事業使用面積割合で、所得税申告の際経費計上は可能です。

部屋の平面図を作成し、事務所使用部分をマーカーで囲みます。

玄関部分50%

台所(居室ですので、30%位)

リビング  ○%

合計何%になりますか?その%分は、経費処理OKです。

賃貸借契約は、事務所不可でしたら、判明したら・・・契約解除もあり得ます。

事務所家賃を経費処理しなくても、使用用途変更は、契約違反になります。

他の人(従業員)の出入りとか、看板表札に事務所屋号等の表記が無ければ、分かりにくいですね、とご回答致します。

 990pt

0 0 6
専門分野
会計・税務
保有資格
税理士 宅地建物取引主任者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

はじめまして、スペース・ソルバの福田と申します。
(最近はhttp://www.e-practice.co.jp/でも活動しておりますので、是非アクセスして頂ければと思います。)

結論を申し上げますと、個人事業主が「賃貸の自宅」を事務所とする際に、その使用している部分について面積割合等の合理的基準で算定し、経費として計上できます。(反対に、貴方自身に会社からの家賃収入が発生しますので、別途個人としての申告が必要になりますのでご留意下さい。)

経費の計上に関する論点はさておき、貴方は事務所利用「不可」の物件で起業を予定されていますが、そもそも貴方の行為は賃貸借契約書の違反に該当しませんでしょうか?

賃貸借契約書内に契約解除になる条項もあると思いますので、まずは契約書の内容を確認し、一度大家さんとご相談されてから事業を起こすことをお勧めします。そうしませんと、事業が軌道になった時に、大家さんや近隣住民等ともめて事業が継続できなくなった場合の痛手が計り知れません。起業にはリスク回避と入念な準備が必要になります。

ご参考になりましたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

 2480pt

0 0 9
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善 IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
MBA MBA/上級IPOプロ/公認内部監査人/税理士(簿,財)/建設業経理士/アナリスト会員補/FP2級/事業再生士補/衛生管理士/メンヘルⅡ種/個人情報保護士/初級シスアド/診断士1次/販売士1級/ビジ著作権上級/ビジ法務・知財2級/食品衛生管理者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

初めまして。
ビジネスプランのブラッシュアップコンサルティングやコーチングを行っている
㈱ラテラルマーケティングの新井と申します。

ご質問の件ですが、3つの事を聞かれているので順番にお答えします。
自宅を事務所にして経費として参入する事は可能です。
その場合に、どの程度を家賃として計上するかですね。
事務所スペース分を計上される方が多いようです。
また、法人として経費計上した場合、あなた自身の収入として申告しないといけません。

次に借りている物件が事務所利用不可の場合ですが、
大家さんには「個人で開業する旨」は伝えた方が良いでしょうね。
ポストに屋号などを出せば気づかれますし。
個人名で行うのであれば、特別わからないので、事前の承諾も必要ないかと思います。
一般的には、法人には貸さないとか多くの人が出入りするのは困ると言った理由ですので
そのあたりが払拭できれば、認めてくれるかもしれません。

最後の質問ですが、事務所経費として申請を必ずしもする必要はないと思われます。
自宅で自分で使うので、結局は同じですから。

以上、参考になれば幸いです。

 1790pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 人事労務 研修・コーチング
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー/JPA認定心理カウンセラー/JPA認定トークコーディネーター2級/販売士/PADIアドヴァンスダイバー/ワークガイダンス講師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説