非弁活動と言われない範囲の補助業務とは? | 契約書作成 | 法務・知財・特許 | 起業・会社設立の質問なら起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


非弁活動と言われない範囲の補助業務とは?

カテゴリー 法務・知財・特許 > 契約書作成 H&T NAKAI

QUESTION

初めてお問い合わせいたします。
小生、昨年コンピューターメーカーを退社し、求職中ですが、将来を見据えて独立起業も視野に入れて活動を開始しました。
ところで、小生は長く会社の法務部門に所属していたため、まず、できることを考えた場合、どうしても法務関連業務を想定しますが、弁護士法その他の
業法に抵触することを恐れています。

契約書や社外提出文書の代筆・作成、営業代行等の行為は、どこまでが規制されるのか?
業として法律行為を行わない範囲の手数料は、たとえば、1回または1文書5000円~10000円の範囲なら手数料といえるか、など、ご教示いただければ
幸いです。

また、当面、事業として成立するかどうかわからないため、法人を設立せず、個人事業主の登録をしようと思っておりますが、このスキームについても
アドバイスいただければ幸いでございます。

ANSWER

税理士望月です。

弁護士の事は分かりませんが、知っている範囲内のアドバイスを致します。

税理士法上の業の定義ですが、『2回以上反復継続の場合をいいます』

料金の高い、安い、は関係ありません。

税理士の場合は、有償又は無償であっても、他人の申告書類を無資格者は、作成できません。

作成すると、税理士法違反で、告発されます。

お役所に提出する書類作成は、行政書士。

登記所に申請する書類作成は、司法書士。

労働に関する書類作成は、社会保険労務士。

特許事務所への書類作成は、弁理士。

訴訟や契約書作成は、弁護士です。

昔は、相続税の申告で遺産分割協議書を税理士が作成した時代も有りましたが、現在は弁護士の業務とされています。

ご質問では、契約書作成は弁護士法違反になるかと思います。

社外提出文書の代筆、作成、営業代行等は民間企業への提出でしたら問題はないと思います。

但し、社外文書作成が、日本のお役所への提出でしたら、上記各士業違反になります。

独立でなく、法務部門の経験を生かし、中小企業の総務部門、経理部門への就職を検討された方が宜しいかとも思います。

 990pt

0 0 6
専門分野
会計・税務
保有資格
税理士 宅地建物取引主任者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

かなり厳しいように思います。弁護士か行政書士の仕事を侵食する行為にあたるのではと疑われます。1円でも手数料を取れば、原則的・基本的には「業」としての法律アドバイスになってしまいます。

私は弁護士ですが、NY州の弁護士ですので、弁理士である父親のアドバイスを常に受けながら、日本での活動(日本でのアメリカ法に関するコンサルティング)の中で問題にならないように気を付けております。もちろん、このアドバイスも、日本の業法に関するアドバイスではありません。ご経験をビジネスとして、どう組み立てるか?の、アドバイスとご理解ください。

DGにはたくさんの行政書士、司法書士のアドバイザーが居られます。是非、DG内をサーチして、質問をしてみてください。その際は、法人設立(ビジネスサポートコンサルティング業あるいは法務部の人材に限定した人材紹介業)を前提とされた方が、アドバイザーさんの取り組みもよいかもしれません。理由は?お分かりですよね。。。?

奥山 英二
DG Advisor
http://houmubu.weebly.com

 280pt

0 0 2
専門分野
法務・知財・特許 会社設立・許認可 海外ビジネス
保有資格
弁護士(海外法含む) 外国の専門資格(米国公認会計士等) 弁護士(ニューヨーク州)、公認会計士(ニューハンプシャー州 )

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説