出資者の募集方法について | 出資・資本政策 | 資金調達 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


出資者の募集方法について

カテゴリー 資金調達 > 出資・資本政策 ものづくり愛好者

QUESTION

ある製品を発明しましたので特許を取り、当該製品の販売やレンタルの事業を起こしたいと考えています。
そのための資金の調達方法として、当該事業を行う会社(以下A社とします)への出資ではなく、当該特許を保有するだけの会社(以下B社とします)を別途に設立し、B社への出資を募ることを考えています。
具体的には、集まったB社への出資金でB社が当方から当該特許を買い取り、その代金で当方がA社を設立し、A社はB社から当該特許のライセンスを受けて当該事業を行い、A社は売り上げに応じてB社にライセンス料を支払い、そのライセンス料をB社はB社の出資者に配当します。
いわゆる特許の証券化とよばれるスキームに近いと思います。
質問なのですが、B社への出資の募集方法に法的な制約はあるでしょうか。インターネットで募集可能でしょうか。
当方は弁理士ですので、インターネットでランダムに募集しても少しは信用していただけるかと考えております。

ANSWER

初めまして、会計士・税理士・社労士・診断士の高橋と申します。
出資の内容により規制の内容も異なりますが、ここでは株式会社への出資ということを前提にご回答致します。
不特定多数の方に対して、ネットを通じて出資を募る行為は金融商品取引法(以下「金商法」といいます。)上の「募集」に該当し、金商法上の規制を受けます。
この金商法上の「募集」に該当する場合とは「50名以上のものに対し、新たに発行される有価証券の取得の申込みの勧誘を行うこと」をいいます。
具体的には次の行為をいいます(企業内容等開示ガイドライン4-1)。
・有価証券の募集又は売出しに関する文書(新株割当通知書及び株式申込証を含む)を頒布すること
・株主等に対する増資説明会において口頭による説明をすること
・新聞、雑誌、立看板、テレビ、ラジオ、インターネット等により有価証券の募集又は売出しに係る広告をすること
「募集」となる場合は、発行価額に応じて有価証券届出書又は有価証券通知書を事前に財務局に提出する義務を負います。
以上、ご参考になれば幸いです。
(回答は平成25年10月現在の法令に基づいております。)

 910pt

0 0 6
専門分野
会社設立・許認可 会計・税務 経営計画・改善 人事労務 資金調達
保有資格
公認会計士 税理士 中小企業診断士 社会保険労務士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説