電子公告について教えてください | 会社設立・各種法人設立 | 会社設立・許認可 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


電子公告について教えてください

QUESTION

いつもお世話になっております。

会社を設立するために、定款に公告を電子公告としました。そこで教えていただきたいのですが、電子公告を選択した場合、

①決算公告は自社のWebサイトにて掲載し、調査会社等の調査証明を受ける必要はがないのでしょうか?、
②公告の必要となるその他の事項にはどのようなものありますでしょうか?
 (特に決算報告のように定期的に掲載しなければならないような事項など)
③設立から最初の決算公告までに、掲載すべき事項などはありますでしょうか?

ちなみに、資本金100万円、取締役1名、登録本店が自宅のソフトウェア開発業を開業予定です。
よろしくお願いいたします。

ANSWER

ベストアンサー

はじめまして。アドバイザーの浦邊謙佑と申します。

①について
決算公告については,他の公告事項について電子公告を行う場合と異なり,電子公告調査機関の電子公告調査を受けることを要しません。

②について
公告の必要となるその他の事項については以下のとおりです。
  ■合併に関する公告
  ■会社分割に関する公告
  ■組織変更に関する公告
  ■資本金及び準備金の減少に関する公告
  ■解散公告
  ■基準日に関する公告
  ■定款変更等通知公告
  ■組織再編等通知公告
  ■株券等通知公告
  ■会社法のその他の公告
  詳しい内容は、こちらのサイトをご覧ください。
     http://koukoku.kanpo.net/main/
  定期的な公告を行わなければならないのは、よほど特殊な事情がない限り決算公告だけです。

③について
設立から最初の決算公告を行うまでに、上記2に該当しなければ掲載すべき事項はありません。

ご質問にはありませんが、公告の方法を電子公告とした場合の留意点に触れておきます。

1 決算公告を除く公告については、調査機関による調査が必要なため調査費用を支払う必要があります。
 調査費用は、1回20万円程度なので、官報(1回10万円程度)よりは高くなります。ただし、近年は調査機関が増えたため、調査費用が安価になっている傾向です。
2 日刊紙や官報で決算公告を行う場合は、貸借対照表(大会社は加えて損益計算書)の要旨のみ掲載すればよいことになっています。しかし、ホームページでの決算公告の  場合は、要旨ではなく全文を掲載することが必要です。つまり、貸借対照表の細かな科目に至るまで公開しなければならないということです。

3 計算書類承認後5年間を経過する日まで、決算公告はホームページに掲載しなければなりません。

 したがって、現段階では「決算公告だけを電子公告として、他の公告を官報に掲載する」方法が最も優れていると思います。

 ご参考になりましたら幸いです。

 50pt

0 0 1
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 経営計画・改善 会計・税務
保有資格
税理士 行政書士 FP(ファイナンシャルプランナー) 証券外務員 経産省認定経営革新等支援機関

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説