顧客によるコンピュータシステムの複製、販売について | 特許・商標・意匠・知財 | 法務・知財・特許 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


顧客によるコンピュータシステムの複製、販売について

QUESTION

ある顧客から教育システムを受注し、開発、納品しました(代金入金済み)。
その顧客が、当社の納品したシステム一式を当社に無断で複製し、
他システムへ転用、販売しようとしています。
納品したシステムには、当社が独自に作成した汎用性のあるモジュールも含まれており、
基本契約書には次のように謳っています。
「 第10条(権利の帰属)
 個別契約に基づき作成された成果物の所有権、著作権は、甲が個別契約で定める請負料金を全額支払うことによって、乙から甲に移転する。ただし、乙が作成しまたは独自に購入した汎用性のあるモジュール ルーチンについての著作権は乙において留保するものとする。                       
2 前項の移転する権利には、著作権法第27条及び第28条の権利を含む。
 
 第11条(機密保持)
 甲、乙は、請負業務の遂行によって知り得た相手方の技術、財務、生産、営業等についての機密を保持する義務を負う。
2 前項の規定は、本契約及び個別契約の終了後も有効に存続する。       」

この場合、顧客は自由に当社が開発したシステムを複製、販売する権利を有するのでしょうか。

ANSWER

香港のモノづくりコンサルタント青山です。http://www.aoyama-tech.com
当方は法律の専門家ではありませんが、日本企業と華南企業との間で契約書のドラフトを準備する機会も多いので、そうした経験から以下述べさせていただきます。

これは基本契約書で明らかになっていますので、著作権は御社にあります。したがって、無断で複製することはできないと考えられます。
契約時に顧客の認識もそのようであったと思います。これが客先で失念されていると思われますので、客先に再認識いただくことをお奨めします。早いうちに、タイミングを見計らって、顧客の“うっかりミス”を説明すれば通常の良識ある企業であれば理解が得られると考えます。

顧客が恣意的に複製し販売するとなれば、場合によっては係争になり、訴訟に至ることも考えられますが、契約書上でも明記されていますので敗訴はないと考えます。
ということで、信念を持って再認識いただくべく説明をなさっては如何でしょうか?

事例は言わば著作権に相当し、作者の文章を一部盗用したと同じようなケースとなると考えられます。このようなことは企業コンプライアンス上も問題で、顧客もこのような汚名は避けたいと思います。

以上、少しでもお役にたてば幸いに存じます。
青山利幸

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説