海外在住での起業について | アジア進出支援(中国・インド・東南アジア) | 海外ビジネス | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


海外在住での起業について

QUESTION

はじめまして

現在台湾に住んでいます。
起業してみたいとは以前から思っていましたが、まったく経験がありません。
日本の個人事業についていろいろと調べていますが、調べれば調べるほどわからなくなってしまっって、初歩的な質問をして申し訳ありませんが助けてください。

まずは日本で個人事業の起業をし、その後台湾で起業したいと思っています。
ゆくゆくは、日本と台湾双方に会社を持って貿易業ができたらと思っています。

とりあえずの事業内容としては、日本で購入したもの(特別な免許などが必要ないであろう、楽器や赤ちゃん用品など(指定代理がないもの))を台湾でネット販売したいと思っております。
そこで質問なのですが、
1.売り上げの有無に関わらず、日本から商品を輸入するまでに開業届けを出したほうがよいのでしょうか。
2.起業したい本人が海外在住ですが、日本に開業届けを出す場合どのように出せばよいのかわかりません。
3.商品を購入する際に、少量だと日本の業者さんに取り扱ってもらえないことが、やはり多いのでしょうか。(始めてすぐに大量に台湾に輸入して売るのは難しいと思うので。)

自分でも聞きたいことがぼんやりしすぎていて、聞きたいことがわからない状態ですので。わかりずらい質問だと思いますが、本気で起業したいと思っていますので教えてください。
他にも、貿易業を起業するにあたって気をつけること、したほうがいいことなどがありましたらご教授いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

ANSWER

グローバルなもの作りコンサルタント青山です。
ネットビジネスなどの相談を多く扱っていますので回答いたします。

1. 開業届け: 初期のうち、つまりアルバイトやCtoCベースでは、事業の態をなしておらず、実情として開業届は不要と考えます。ある程度情報やノウハウを得て、BtoC, BtoBとなれば独立を考え、開業してはいかがでしょうか。

2. 起業したい本人が海外在住である: 今後どこに拠点を置くのかによって、開業する国を選べばよいと考えます。よほど大規模にならない限り、両国に会社を置く必要はありません。ネットビジネスならばなおさらです。台湾に住んでいるのですから、先ず日本人が台湾で起業する場合のノウハウを真剣に調査することをお奨めします。同国にも個人事業(無限責任)と有限公司(有限責任)の会社があると考えられ、すでに多くの日本人が開業していると思われます。開業のための情報は得られやすい環境にあります。申請の場所、書類、必要な要件(従来実績、登記、株主、事業計画、雇用計画など)、銀行口座などが考えられます。
なお、日本人とその国の人とは、開業条件が異なることを認識しておいてください。

3. 商品の購入数: 感触ですが日本の業者さんは、海外業者よりは小数を扱う傾向にあります。業者さんと商品によりけりですので今後活動の中でノウハウを得てください。

なお、扱うものには法的許認可が必要なものがあり、台湾でも日本と同様であると考えます。つまり、薬事法、食品衛生法、有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律などの規制があることを認識する必要があります。たとえば楽器は法的規制がないかもしれませんが、赤ちゃん製品は確認が必要と考えられます。また、表示法もありますのでこれも調査ください。
ビジネスには信用が大切です。品質や規制規定、支払いで問題を起こさないように、初期の段階からしっかりとした調査が必要です。

以上ですが、企業マインドを大切にし、徐々に情報やノウハウを蓄え、事業へ結び付けることを期待申し上げます。必要により、面談などご相談に応じます。
以上、お役にたてば幸いです。
青山利幸

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説