業務委託契約と派遣契約について | 節税対策 | 会計・税務 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


業務委託契約と派遣契約について

カテゴリー 会計・税務 > 節税対策 セカンダリー

QUESTION

将来的に会社を作る予定なのですが、その足がかりとしてまずはフリーランス(ITコンサルタント)の仕事をしようと思っています(現職もIT関連)。
しかし人材紹介会社に相談すると、人材紹介会社を通じた業務委託での契約はあまりやっていないようです。
正社員または派遣社員としてならお客様先に紹介できるとのことです。

そこで、下記について質問させてください。
①人材紹介会社が業務委託を嫌がる理由(デメリット)は何か
②派遣社員をしながらでも開業届を出して何らかの活動をしていれば個人事業主のような節税が可能か

ANSWER

ベストアンサー

初めまして、雇われない生き方アドバイザーの芳賀です。
まずは、足がかりを作るということは大切なステップだと思います。
そこで試行錯誤を重ねて得られることは、その次のステップとしての会社設立に
大変役立つと思います。

さて、ご質問の件です。
①「指揮命令権」という視点で考えてみましょう。
派遣の場合は、派遣先が指揮命令権を持ちます。つまり、日々の業務に対して
指示できます。
一方、業務委託は、基本的には「あるまとまり」で成果物を合意して発注することに
なりますので、指揮命令権は、受託する側にあります。
従って、後者の場合は、業務を受託するだけの技量を売りにすることになります。
この視点で考えると、派遣という形態が多いことも理解できると思います。

②派遣社員をするということは、その会社の社員になるということです。
(派遣会社へ登録という場合は、違いますが)
ご自身が個人事業主となる場合は、ご自身としての事業を持つ必要があります。
その部分が大きければ、節税メリットもあると思います。

ここからは、私の意見ですが、個人事業主となって、お客様のプロジェクトの一員
として業務を受託する形態を目指されては如何でしょうか?
そして、どう仕事を受注するかを考えられた方が、先々良いと考えます。

ご質問等がございましたら、お気軽にオンライン相談までお願い致します。

 70pt

0 0 1
専門分野
事業計画・商品開発 研修・コーチング 会社設立・許認可
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) エグゼクティブコーチ

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

こんにちは。
強みを活かしたオンリーワンビジネスを創る専門家の新井克也と申します。
足がかりとして、先ずは個人開業。
堅実で良いですね。
小さく始めて大きく育てる発想は、とても大事だと思います。

さて、ご質問の業務委託を紹介会社が嫌う理由ですが、これは簡単です。
紹介会社のビジネスモデルを考えてみてください。
彼らは、人材を紹介し、紹介料(年収の30%くらい)をもらうのが通常です。

企業は、事業戦略を進める上で人材強化は避けて通れません。
コア戦力として正社員、拡大戦略として契約社員や派遣社員を活用します。
専門分野のアウトソーシングとして、業務委託契約を法人・個人と結ぶ場合も
もちろんございます。

紹介会社は、主にコア戦力の補強をメインに事業を行っています。
ですので、「雇用」が前提となる正社員や契約社員が基本となります。

派遣会社は、派遣社員の紹介ですから、一般派遣や紹介予定派遣での紹介が
基本です。

紹介会社には早期退職時の返金規定があるのも、雇用が前提だからこその仕組みなのです。
業務委託は雇用ではないので、紹介会社から紹介をする事はありません。

求人広告には、雇用以外にも業務委託契約のものも掲載されていますので、そちらを見てみると
良いかもしれません。

②についてですが、基本的にも問題ないと思いますが、派遣先の業務に支障が出る場合や
企業によっては、駄目(嫌がる)な場合もございますので、その辺については個別にご確認をしたほうが
良いと思います。

成功をお祈りしております。

 1790pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 人事労務 研修・コーチング
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー/JPA認定心理カウンセラー/JPA認定トークコーディネーター2級/販売士/PADIアドヴァンスダイバー/ワークガイダンス講師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説