ホテルの予約代行業に必要な認可を教えて | 会社設立・各種法人設立 | 会社設立・許認可 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


ホテルの予約代行業に必要な認可を教えて

QUESTION

はじめて質問させていただきます。

予約を取るのが難しいホテルの宿泊予約を取ってオークション等で継続して販売することを
真面目に考えています。売るのは宿泊の権利(あるいは予約取得の代行)のみで宿泊料はホ
テルにお支払い頂きます(予約自体は十分に取れるシステムを作ってあります)。
違法なことはしたくないので調べてみたのですが過去には逮捕事例もあるようです。

http://www.47news.jp/localnews/nagano/2011/08/post_20110830161646.html

この事例ですと都道府県知事の旅行業登録を受けていれば良いようですが、例えば宿泊券を
売っている金券ショップが旅行業の登録をしているとは思えません。また予約代行のように
忙しい依頼者の代わりに電話を頻繁にかけて予約を取るだけの業務ならとくに資格を持たな
い「なんでも屋」でもやって良いような気がします。

それほど高額な料金設定は考えていません(予約1件あたり1,000円~5,000円程度)。あき
らめていたホテルの予約が少ない出費で取れたら喜ばれると思います。ホテル側としても不
要な予約を大量に取得されたら迷惑でしょうが、本人に代わって本人名義の予約を取るだけ
なら問題ないのではないかと思います。実際知り合いに頼まれて予約を取ってあげましたが
非常に喜ばれました。需要はあると思います。

店舗を構えて従業員を使ってということは考えておりません。副業的に個人経営でオークシ
ョンやホームページでの販売を考えております。具体的にはどのような許可・資格を取れば
問題なく販売できるのでしょうか?

複数の予約を取って在庫として表示して販売するのと、依頼を受けて予約代行をするような
業務とでは同様の許可がいるのでしょうか? 資格や認可を取るにもお金もかかると思うの
でできるだけ少ない出費で始めたいと考えておりますが、最低限必要な許可・手続きは取る
つもりです。

また法律に触れない営業をしていることを明示するためのオークションやホームページでの
表記方法なども教えて頂けると嬉しいです。

宜しくお願い致します。

ANSWER

香港で起業のコンサルタント青山です。

旅行業について調べたことがありますので、回答申し上げます。
ビジネスモデルを考える上で、当方が気になるのは旅行業に関する法律です。
これによりますと顧客や宿泊施設の予約行為の際に何らかの情報提供や個別相談が伴うはずです。つまりそれなりの責任を負うことになります。利益を得たり相談などの行為は旅行業法に引っかかるので、ビジネスを行うには資格の取得や業務の登録が必要と思われます。現行の法律では、旅行者の保険、事故の場合の補償のために、厳しい条件となっております。お役所の立場としては当然かもしれません。
またもし、行為を行った場合は、刑事事件にならないまでも、観光組合や旅行業者からは、違法行為の指摘や業務妨害との圧力もあることも推測されます。

旅行業者には第1種から3種まであります。かれらの依頼で行う代理業者となる道も考えられますが、これさえも旅行業務取扱主任者資格が必須と思われ、取得には経験も必要です。

しっかりと国土交通省の旅行業法をお読みいただき、法に触れぬように事業計画されることを推奨申し上げます。
旅行者や宿泊施設の立場に立った発想は立派だと思うので大切にしてください。ビジネスにするには、さらに現地現場、法律などあらゆる情報をえて調査することをお奨めします。
時間がかかりますが、実現に向けて行動してください。一歩一歩前に進み、目標が達成されることを祈念いたします。

青山利幸

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説