共同出資の資金を個人借入で調達するのは違法でしょうか? | 出資・資本政策 | 資金調達 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


共同出資の資金を個人借入で調達するのは違法でしょうか?

カテゴリー 資金調達 > 出資・資本政策 toricle

QUESTION

2人で法人の立ち上げを進めております。現職から仕事を受託する形で独立するので、当面の事業計画も見通しはできています。
そこで出資金についてご質問です。現在、代表が200万、私が100万の自己資金を用意していて300万を元手に創業融資を受けようと考えていますが
取引先からさらなる大きな仕事のオファーをもらっており、もう少し開業資金を積み上げたいと思っています。
そこで各自もう100万ずつ用意できないかと考えたのですが、お恥ずかしながら私の方が厳しい状況です。
個人で銀行からローンを組んだ資金を出資金にあてるのは違法でしょうか?
返済は会社ではなくあくまで個人として返済していければと考えています。
知識不足ですみませんがご回答いただけると助かります。

ANSWER

こんにちは、雇われない生き方アドバイザーの芳賀です。
ご質問の点、すでに回答がある通り、違法ではありません。
蛇足かも知れませんが、補足です。
「会社(法人)のお金」と「個人のお金」で、考え方を明確に理解しておくことが必要ですが、
「会社設立の出資者としての自分」と「会社に雇われている自分(取締役であっても)」の
立場をきちんと分けて考えると分かりやすいです。
今回の件は、出資者としての自分が、会社に資金を出したので、そのための返済は、
「出資者としての自分(個人)」が返済することです。
会社としては、関係ありません。
ですので、もちろん、その返済に会社のお金を使うことはできません。
「会社に雇われている自分」が、会社からの給与をもらいます。
そして、今度は出資者として、返済します。
個人として給与等からの収入から返済できるプランでご検討ください。

なにかご相談がございましたら、個別に承りますので、お気軽にご質問ください。

 70pt

0 0 1
専門分野
事業計画・商品開発 研修・コーチング 会社設立・許認可
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) エグゼクティブコーチ

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

アドバイザーの伊関でございます。
資本金の出所の件ですね。
資本金は 法人を作る際に個人が出資する場合、個人が借りたお金の出所は問いません。
つまり、個人のお金が自分のお金なのか親に借りたお金なのか銀行から借りたお金のなのかを明確にする必要はないということです。
法人を設立する際に、出資の履行(資本金の振込)という行為をしますが、これは共同出資の場合は、どちらか1人の口座に「本人」と「もう一人」の人のそれぞれの名義でそれぞれ1つの個人口座に集中して振り込めばそれで終わりです。
そしての振り込んだお金は資本金になり法人のお金になりますが、その元となるお金の出所は法人には無関係なので個人が借りたお金ならば個人で返済すればよいだけです。

 120pt

0 0 1
専門分野
会社設立・許認可 人事労務 資金調達
保有資格
行政書士 社会保険労務士 宅地建物取引主任者 DCプランナー 

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

会計士・税理士・社労士・診断士の高橋と申します。
ご質問の件ですが、個人で資金を借り、個人で返済する限り、特に違法性は無いと思います。
ただ、出資払込金に充てるための融資は、通常の銀行融資では難しいため、高利でのノンバンク等からの借入れとなると思います。
もし、仮に出資増額の目的が、取引上の理由から単に資本金を上乗せするためということでしたら、金銭出資に限らず、現物出資の利用も検討の余地があります。
(回答は平成25年11月現在の法令に基づいています。)

 910pt

0 0 6
専門分野
会社設立・許認可 会計・税務 経営計画・改善 人事労務 資金調達
保有資格
公認会計士 税理士 中小企業診断士 社会保険労務士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説