起業・会社設立の質問ならエキスパートQ&A 。起業支援総合ポータルサイト「ドリームゲート」

エキスパートQ&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

エキスパートQ&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。

[ エキスパートQ&A トップに戻る ]


一会社員として働きながら起業する方法を教えて

カテゴリー 会社設立・許認可 2013/11/17 ヒロッペ

QUESTION

現在、株式会社を起業しようと考えております。
分野は福祉サービスで訪問看護事業所(介護保険・医療保険)です。
本来であれば12月10日の退職に合わせ会社設立→2月1日付けの指定を受けサービス開始と考えておりましたが引き継ぎ者が未定となり12月31日での退職となりそうなのです。
訪問看護事業所の指定を受けるには12月末に指定申請書を役所に提出しなければなりません。
よって、2月1日サービス開始を行う場合には12月25日頃までには登記が終了していなければならないのです。
現在の会社に在籍しながら、12月10日頃での登記は可能でしょうか。
また、法律上問題になる事項や注意点があればご教示願います。

ANSWER

はじめまして。アドバイザーの斎藤と申します。
まず、「現在の会社に在籍しながら、12月10日頃での登記は可能でしょうか。」という点においては、
会社に雇用されているという事と会社設立は別物ですから、問題ありません。
ネットなどで調べれば、格安でしかもスピーディに会社を設立する会社があります。
今からスタートしたら7日は厳しいでしょうが、25日までなら余裕です。

実は僕も在職中に会社を設立、訪問介護と居宅介護支援事業を立ち上げました。
指定申請は、それまでサラリーマン時代に数多くやってきたので慣れていたはずですが、
申請書を作りながら、会社設立を並行するという作業はとにかく大変で、
会社設立の翌日に指定申請の書類を出しましたが、近年は指定申請のチェックも細かくなっており、
再提出を2回行ったため締切ギリギリセーフという状況でした。

注意点はいくつかありますが、まずは定款の文言については絶対に注意が必要です。
僕は外部の会社にお願いして会社設立をしましたが、彼らは介護事業の専門家ではありません。

定款には指定申請を受けるために必要な文言を一言一句漏らさず掲載しないとなりません。
例えば介護保険法に目を向けすぎて、老人福祉法や障害自立法に関する規定を忘れがちです。
ここは自分でやるか、介護指定申請に詳しい行政書士にお願いしないといけません。

なお、従業員の雇用に関してですが、ご存知かもしれませんが、
例えば12月25日に申請したとして(再提出を考えるともっと早い方がいいですが)
その時点では人が決まっている必要はありますが、雇用は前提ではありません。
つまり2月1日までに入社が決まっていれば、指定申請に出す書類は雇用通知ではなくて、
内定通知でも構いませんという事です。

指定が2月で仕事も無いのに、12月に3人の看護師を雇用したら、
2か月分の給与の持ち出しになってしまうので、非常に大きな出費になりますから、
知らなかったらもったいないです。

その他ご不明な点やお悩み等ございましたら、お気軽にお声かけください。






 20pt

0 0 0
専門分野
研修・コーチング 集客・販路拡大・営業戦略 事業計画・商品開発 経営計画・改善
保有資格
ケアマネージャー MBA その他

<p>経営者に不安や悩みはつきものですが、相談できる人が身近にいないと悩んでいる人は多いと思います。 もちろん僕もそうでした。不安で夜も眠れなかったり、原因不明の高熱が続き、病院に行っても治らず。 十分に準備をしたのに、「こんなはずではなかった。」とアセルばっかりで・・・ でも、そんなときにコーチに出会い、僕は救われました。 過去の成功体験や経験をベースにしたコンサルティング手法は、変化の激しい現在の時代にはそぐわなくなりつつありますが、 一方で、コーチングだけでは必ずしも解決できない課題も多くあります。 私は相談者の話を良く聞き、状況に合わせてティーチングやコーチングを織り交ぜたハイブリッド型という新しい支援手法を提供いたします。 そんな私が目指すのは、親しみやすさ、相談しやすさナンバーワンのアドバイザー。 これから起業する人、あるいは起業したばかりの人にワンストップで相談に乗り、その人と企業を成功に導く、そのために全力を尽くします。 弊社ホームページ:http://www.mirakaru.com/</p>

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

初めまして、アドバイザーの芳賀です。
私も会社を辞めて、株式会社を設立しました。
もっとも、私の場合は、退社してからの会社設立でしたが、お気持ちが伝わってきます。
さて、他の回答にありますように、法律上は問題ございません。
注意事項としては、一般的には副業禁止等の社内規則と、円満に退社することの2点です。
社内規則に関しては、すでに退職の合意が得られており、かつ会社側の理由で退職の延期
になっているようですので、問題にならないと思います。
後は、円満退社です。
退社時期の延期を快く受け入れたと思いますが、それに対して上司の方に予定通り会社登記
が必要であることを承知しておいて頂ければ、それで良いと思います。
ぜひとも、つまらないしこりを残さずに、退社後も応援して頂けるような形で円満に退社される
ことをお勧めします。
他、また何かご質問等がございましたら、ご遠慮なく無料相談等にてご連絡ください。
退社に起業にと、何かとお忙しいと思いますが、良いスタートとなりますよう、頑張ってください。

 70pt

0 0 1
専門分野
事業計画・商品開発 研修・コーチング 会社設立・許認可
保有資格
その他

<p>会社員生活から独立へ、ライフスタイルもワークスタイルも変えたその経験を元に、どこから準備を始めたら良いか、そのプラン作りをお手伝いします。 あなたのしたい事を見つけ、最初のステージを具体化し、そしてそれを仲間とともに進める場をご提供します。 本やセミナーで知識は得られても行動できないもの。 会社員時代の考え方を変えるのがポイントです。 同じように悩んでいる方に、ご自身の道を見つけるご支援を致します。</p>

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

はじめまして。アドバイザーの伊関でございます。ご懸念の「在職中に法人設立・登記をして大丈夫か?」という点ですが、問題ありません。法律上、他の会社の在職中に法人設立してはいけないというものはありません。ただ、少しだけ注意してもらいたいのは、現在の会社の就業規則に細かい取り決めがあり、それを破ることで不利益を被るようなことがないようにしてください。不利益とは、退職金が減らされるとか等の規定などが明記されていないかなど。
まずそのような規定をもうけている会社は少ないとは思いますが・・。
既に会社をやめことがきまっていれば、その他の理由で法人を作ることを禁止されていることもありませんので。
その他 不安事項等があれば、個別にメール相談をいただいてもかいません。
頑張ってください!

 120pt

0 0 1
専門分野
会社設立・許認可 人事労務 資金調達
保有資格
行政書士 社会保険労務士 宅地建物取引主任者 その他

起業の第一の壁は3年後にやってきます。 約35%近くの会社が継続できずに廃業していきます。 そして10年後には、何と10%しか残っていません。 なぜ、そんなシビアなのかというと、1年、2年うまくいくと、自分が先天的な起業家マインドをもっていると過信してしまうからです。 これをなくすだけでも成功率はグッと高くなります。 つまり、99.9%の普通のサラリーマンが起業をし、そして、継続していくには、凡人サラリーマンであるが故に、凡人に必要な起業の習慣や思考が後発的に必要になるのです。 それは、マスコミに登場するような0.1%にも満たない華やかな起業家のイメージとは程遠く、泥臭く、それでいて、誰もが実践できる日常の習慣や思考法なのです。 ただ、それを小馬鹿にした時点で、あなたは3年以上継続できない35%に入ってしまう可能性が極めて高くなることを忘れてはいけません。

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

会計士・税理士・社労士・診断士の高橋です。
ご質問の件ですが、会社に在籍しながらの設立登記が可能かと問われれば、「可能」です。
ただ、お勤め先の就業規則で、副業については原則禁止等の服務規律があると思います。
通常は会社の許可を得て副業可能との規定になっていると思いますので、一度お勤め先の就業規則をご確認頂き、所定の社内手続きを経たうえで会社設立をされた方が宜しいかと思います。
(なお、副業について、全面的に禁止としている就業規則も中には見受けられますが、就業時間外の副業については、本来その時間をどのように利用するかは労働者の自由であることから、全面的に禁止することはできないと考えられています。)
(回答は平成25年11月現在の法令に基づいております。)

 680pt

0 0 6
専門分野
会社設立・許認可 会計・税務 経営計画・改善 人事労務 資金調達
保有資格
公認会計士 税理士 中小企業診断士 社会保険労務士

当事務所は顧客の皆様に「ワンストップ・ソリューション」をご提供致します。 一般の会計事務所にありがちな、税務・会計的視点に特化したアドバイスではなく、労務的視点、企業法務的視点、マーケティング的視点も絡めた大局的視点からの総合アドバイザリーサービスが特徴です。 当事務所は経済産業大臣による認定経営革新等支援機関です。 ホームページ:http://www.takahashi-cpa.jp/

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

はじめまして、スペース・ソルバの福田と申します。

ご相談の件ですが、法律上の問題や注意点としましては、やはり
同業での起業をすることにより、現職企業からの「競業避止義務」
違反の訴えをされる点や現職でありながら起業することで「就業
規則」の服務規律に違反する点等が考えられます。

現職企業の起業前後のトラブルを極力回避するためにも、現職企
業の社長と相談されることをお勧めします。

ご参考になりましたら幸いです。
何卒宜しくお願いいたします。

 2260pt

0 0 8
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善 IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
その他

ITベンチャー会社の社長参謀(CFO)として長年に渡って培ってきた経営ノウハウや実務経験を活かし、経営サポートという大きな使命に全力を注ぎ、社会貢献したいと考えドリームゲートのアドバイザーに登録。他のアドバイザーとの強みは、経営者あるいは実務家としての視点を兼ね備えているコンサルタントである点。幅広い業務経験で獲得した実践的なサポートと問題点・経営課題の抽出と改善・解決のご提案をいたします。

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

専門外ですが・・・。

法律的には問題は無いはずです。
問題があるとすれば、社内の「服務規程」というやつですね。

ただ、今回の場合、会社都合での労働期間延長なので、
会社側に特別措置を申し入れれば、受け入れられると思いますが。

基本的に文章で取り交わした方が、あとあと文句は出ないと思いますが、
最低でもメールのやり取りなどを残してはおきたいですよね。

 90pt

0 0 0
専門分野
事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略 IT・インターネット 研修・コーチング
保有資格
その他

<p>これまで、IT・システム開発会社、セミナー企画・貸会議室運営会社、アロマスクール併設のケアサロンと、全くの異業種3社を経営し、BtoBやBtoCなど様々なマーケットへのサービスを展開しています。 それらの経験やNLPや心理学などを元にした科学的な人材育成やマーケット手法へのアプローチ、そして、過去に経営者として行ってきた社内の組織や制度の構築や採用制度やフロー、求人企画立案などの経験、そして、20年にも及ぶエンジニアとしての経験のなかで数々のプロジェクトにおけるプロジェクトマネージャーとしての管理技術、そしてプロジェクトリーダーとしての人材掌握術やチームビルド手法など、多くのテクニックやスキルを保有してます。 また、既にコーチングやコンサルティングなどで、数社の起業家支援、事業継承者の支援を行っております。 最近では、FBを中心としてソーシャルメディア、Web全般を利用した集客のコンサルなども行っています。 (自社で運営する「R3C会議室」はWeb集客により、あり得ない利用率や利益率を生み出しています。)</p>

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

起業家のためのブランディング講座

アジアで活躍する日本商品を創りたい!!そんな会社を応援します。鍵は、ブランディングとデザインです。
中小企業が生き残っていくためにはブランティングは重要なポイントです。大手企業と価格競争などで真正面から戦うのではなく、ニッチな領域でナンバー1のポジションを築くことが、結果的には堅実な成長を促すからです。

売れる仕組みをつくるコツ

売上を2倍にして売れ続ける仕組みをつくる販売促進プランとは?

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説