留学・海外旅行コーディネーターに必要な資格・許認等 | 会社設立・各種法人設立 | 会社設立・許認可 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


留学・海外旅行コーディネーターに必要な資格・許認等

QUESTION

初めて質問いたします。
当方は現在、フリーランスの日英翻訳家、英会話講師として個人で仕事をしているのですが、アメリカ在住の友人と共に、さらにビジネスチャンスを広げられないかと模索中です。

お互いの語学力と置かれた環境、経験などを考えた際に、短期留学や海外旅行を希望している方の宿泊先の手配や、語学学校への申し込みのお手伝いなどをビジネスにできたら…という想いが生まれました。

こういったビジネスは、旅行業という枠に入るのでしょうか。
その場合、このようなビジネスを行うには、資格や認可、届出、営業保証金などが必要になるのでしょうか。

代理店のように大々的なものを構えるつもりはないのですが、日本旅行業協会の旅行業法第2、3条、旅行業の定義を読むと、代理や取次ぎも旅行業と見なされるようです。
コーディネーターとして、手配のお手伝いをするというのも旅行業として見なされるのか、その場合は開業に際してどういった手続きが必要なのかなど教えていただけましたら幸いです。

ANSWER

香港のモノ作りコンサルタント青山です。以前にも同様な相談が、他の方からありましたので以下回答申し上げます。
お考えのビジネスは、コーディネータとして相手に場所や金額などアドバイスがつきものとなりますので、旅行業の範疇になります。したがって旅行業法の適用を受けることになると考えられます。
海外の旅行者を扱うには第1種旅行業者の認可が必要です。認可するお役所から見れば、宿泊やルート案内に遺漏なく海外からのゲストに日本で不快な思いをさせず、事故の場合の組織的な救援対応や補償などの観点から、ある程度の大きな組織を認可することになります。高額な保証金やJATAへの加盟も必要です。これはご相談者にとって、とてもハードルが高く実現は不可能と考えます。
こうした旅行業者の手足となる代理業者となる道があります。これも旅行業務取扱主任者資格が必要です。いきなり資格を取るには大変にハードルが高いので、 5年程度の経験を積んで習得するのが一般的のようです。このためには、語学力を生かし既存の第一種旅行業者で働き、ノウハウや情報を得て資格を得る方法が近道と考えます。

2020年には東京でオリンピックが開催されることもあり、海外から日本への関心は一層深まると思います。政府も海外観光客を増やそうとしていますので、お考えのビジネスにはフォローの風が吹いています。
自分の想いを実現に近づけるには、旅行業とはどのようなものか、調査にとどまらずできれば行動し体感しておきたいものです。きっと起業計画作成には役立つことと思います。
海外のお友達や人脈を大切にし、一歩一歩着実に前進することをお奨めします。

以上お役にたてば幸いに存じます。
青山利幸

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説