フリーのITエンジニア。会社組織にするか悩んでます | 販路開拓・営業戦略 | 集客・販路拡大・営業戦略 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


フリーのITエンジニア。会社組織にするか悩んでます

QUESTION

現在、フリーランスで主にお客様先でPM(プロジェクトマネージャ)やSE業務を行っているITエンジニアです。

仕事を得るには今のところどうしてもエージェントを通すしかないため、とんでもないデスマーチ案件を紹介される、かなりの金額を中抜きされるなど不本意なことが多いように感じています。

もともと起業しようとは思っていましたが、以下の2点が解決しないため先に進めません。
1.株式会社にしたほうがよいのか(現在もこれから先も正社員・アルバイトを雇う予定はありません)
2.自分一人でどうやって仕事と顧客を獲得するか

これらについてアドバイスをお願いいたします。

また、PM・PMO・ITコンサルで食べていきたいのですがそのようなことは可能でしょうか。

PM歴は長くスキルにも自信はあります。オフショアもできます。
また、システム営業・プリセールスを経験していますので提案もできます。
年齢は40代後半です。

よろしくお願いいたします。

ANSWER

モノ作りコンサルタントの青山です。大小の国内/海外の情報・通信プロジェクトを経験し、数年前までPMP(Project Management Professional)の資格を保有していました。

文面から結論的に申し上げますと、すべてご自身の意志と実力・努力次第であると思います。
個人が仕事を請け負う以上、仲介業者がいて仲介料が必要なのはビジネス上当然です。そのようなことを気にするよりは、ご自身はさらに上の実力をめざし、客先からご指名を受けるくらいのレベルまでアップさせることを考えるべきと思います。そのことにより、評価され信頼も増し収入のアップも図れるなど良き循環を生み出せるのではないでしょうか。

ご質問の件ですが、将来共に雇用せずおひとりでなされるのでしたら、当面は個人事業主をお奨めします。この場合仕事請け負い方は、従来と変わりようがありません。事業が発展し、SE集団を形成する必要が出てくれば、株式に移行する時間や機会もあります。

仕事とお客の獲得は実力と行動次第と考えます。お客様やさらに上層のお客様に評価していただければ、安定的な業務や収入につながることは間違いありません。

ご自分で仕事を見つけるには、十分ご承知と思いますがSNSなどITを使うことです。そして実力、得意分野や実績をPRする、時には異業種交流会への出席、地域ITボランティア、同業者のセミナーや懇親会参加、従来の業務の人脈活用など数多の方法があります。是非行動を伴った活動をお奨めします。

実力を証明するためにも、ITコンサル、コーディネータ、PMPなどの資格の取得をお奨めします。信頼の証にもなりますし、資格を通じて仲間も増え、中小企業診断士はじめ他の士業を通じた仕事につながることも期待できます。

現在は各社厳しい経営状態で経営の効率化や売り上げ確保に躍起です。ご相談者の経験や実績を背景とした様々な提案が生かされることを期待いたします。そのための一層の努力、脱皮が必要と思います。
コメントが少し厳しめになりましたが、今後の成功のためとご理解いただきたく存じます.。是非頑張ってください。

以上、少しでもお役にたてば幸いに存じます。
青山利幸

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説