事務所の賃貸借契約につきまして | 会社設立・各種法人設立 | 会社設立・許認可 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


事務所の賃貸借契約につきまして

QUESTION

こんにちは、初めて質問させて頂きます。

10月に法人を設立するため、事務所の賃貸借契約を行おうと思ったところ、
物件の管理をしている仲介会社に『まだ法人設立が出来ていない場合は
個人での契約になり、法人設立後に賃借人を個人から法人に変えることは出来ない』
と言われました。

事務所を代表者の個人名義で賃借した場合、
創業融資の評価などで何か不利な点はありますでしょうか。
もし、目立ったマイナス点がない場合は個人での契約を行おうと思います。

ご回答頂けると助かります。
何卒、宜しくお願い致します。

ANSWER

ベストアンサー

こんにちは。
中小企業の事業を加速させるアドバイザーの新井克也と申します。

事務所の契約についてですが、個人でも特に問題はございません。
融資の際は事務所として利用すると伝え、賃貸借契約書があれば大丈夫です。
ご安心ください。

創業融資は貸出基準が緩和され、融資を受けやすくなりました。
とはいえ、融資する銀行が何でもかんでもジャブジャブ貸すわけではありません。
事業計画書や面談対応などをしっかり行わないと厳しいというのは、変わっておりません。
満額融資されるケースは20%ほどですので、事前準備をしっかりと行う事をお奨めします。

弊社では、「銀行が言わない融資の本音」と題したセミナーや個別相談を実施しておりますので
是非ご活用ください。

事業の成功をお祈りしております!

 1790pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 人事労務 研修・コーチング
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー/JPA認定心理カウンセラー/JPA認定トークコーディネーター2級/販売士/PADIアドヴァンスダイバー/ワークガイダンス講師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

はじめまして。行政書士で起業支援を行っている野村篤司と申します。
ご質問の件、下記の通り回答致します。

①創業融資の際に不利な点があるか。
創業融資の段階では、賃貸借契約を締結していることは、融資の要件ではないため、特に不利益はございません。なぜならば、万が一融資が下りなかった場合に、「もう事務所を契約してしまったよ!」ということになっても、金融機関は責任を持てないからです。ここで事務所を開きたいとする情報があれば大丈夫です。

②個人から法人に代えることができないといわれたことについて
ここが少し疑問に感じました。法人なりしてもほとんど同一性を有することから、ほとんどのオーナーは譲渡ないしは転貸借(個人から法人に貸す)に対して承諾を与えて頂けます。これが許されないとなると、店舗としての価値は乏しくなると思いますので、一度仲介会社を通さず、オーナーに相談されてはいかがでしょうか。なお、会社設立前に、会社名で契約できないことはその通りです。

以上が回答になります。参考になれば幸いです。

 1230pt

0 0 7
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 経営計画・改善 IT・インターネット
保有資格
行政書士 宅地建物取引士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説