起業前の営業について | 販路開拓・営業戦略 | 集客・販路拡大・営業戦略 | 起業・会社設立や経営の悩みは起業Q&A

起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


起業前の営業について

QUESTION

企業を紹介するビジネスを考えています。
事前に登録企業を多く集めて、登録企業からは一切お金は頂かず、
紹介サービスの利用者から料金を頂く仕組みです。

登録企業をある程度集めてからサービスを開始する予定なので
サービス開始までは全く利益はありません。
そのため、できればサービス開始が迫ったタイミングで登記をしたいと考えています。

この場合、まだ法人として成立していない状態ですが、
登録企業を集める際、どのようなやり方なら法的に問題ないでしょうか?

まだ存在しない法人名で契約書を交わすことはできないとは思いますが、
(何月設立予定)という但し書きで、覚書のようなものを交わすことは可能でしょうか?

ANSWER

はじめまして、スペース・ソルバの福田と申します。

ご質問の件、早速回答致します。

他のアドバイザーから、会社設立前の契約や覚書について
既に回答があり、その通りかと思われ、回答が重複するた
め差し控えます。

ただし、一点だけ問題の提起を致します。

それは、登録企業から一切お金は頂かず、紹介サービスの
利用者からのみお金を頂くビジネスモデルであっても、登
記前に登録企業を多く集めて、覚書で締結することを拒否
する登録企業や利用者が多数出てくるのではないかと懸念
しています。

理由は、
①利用者側の与信管理上のポリシーが存在する(個人や
 未登記の企業と契約しない、登記簿謄本がないと契約し
 ない等)
②利用者側が御社が会社設立してからでも契約締結は遅く
 ないと考えるからです。

そのため、結局は会社設立をしてから契約をしようという
動きになるのではないかとみています。(そうなると覚書
や各種手続きの無駄が生じてきます。)

あるいは、まだ法人として成立していない状態で、登録企
業を集める際に、他社の箱(企業や事業部等)を活用して、
その後軌道に乗ったら、御社が運営を引き継いだりするこ
とは可能かと思います。

ご参考になりましたら幸いです。
何卒宜しくお願いいたします。

 2480pt

0 0 9
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善 IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
MBA MBA/上級IPOプロ/公認内部監査人/税理士(簿,財)/建設業経理士/アナリスト会員補/FP2級/事業再生士補/衛生管理士/メンヘルⅡ種/個人情報保護士/初級シスアド/診断士1次/販売士1級/ビジ著作権上級/ビジ法務・知財2級/食品衛生管理者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

はじめまして。行政書士で起業支援を行っている野村篤司と申します。
ご質問の件につき、下記の通り回答致します。

①会社設立前の契約について
会社(株式会社を前提としています)を設立する人を「発起人(ほっきにん)」と呼びます。この発起人の権限は、会社設立自体に必要な行為(+財産引受け)しかなし得ず、ご質問のような開業準備行為であっても、認められません(古い判例ですが…最判昭38・12・24)。また、会社が法人格を得て、「権利義務の主体」(≒法人名義での契約締結)が可能となるのは、登記申請をしたときになります(会社の登記は、対抗要件ではなく、創設的要件となっています(会社法第49条))。従いまして、ご質問者様のご理解のとおり、設立登記完了までの間に、法人名で契約を締結することはできません。

②覚書について
「覚書」の法的な効力については難しいですが、取り交わすこと自体は特に問題ありません(法的に強制力を有するか否かは別問題です)。

③登録企業を集める際のやりかた
事業モデルについては、オンライン上の情報だけではコメントしかねますが、たとえば、個人を主体で事業を開始し、法人が出来上った後に、個人から法人に対して会員の情報とともに「事業譲渡」をする方法も考えられるのではないでしょうか。個人ではなく、法人情報ですが、譲渡して良いというのもあらかじめサービス利用規約(おそらくWEBサービスだと想定します。間違っていれば申し訳ございません。)に定めておくとよいでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

 1130pt

0 0 7
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 経営計画・改善 IT・インターネット
保有資格
行政書士 宅地建物取引主任者 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説