片山康史-プロビタス税理士法人への無料オンライン相談・面談

facebook ドリームゲート・ファンページ
ホーム
片山 康史

片山 康史 (かたやま やすし)   /   東京都  /   プロビタス税理士法人

専門分野 海外ビジネス(アジア進出支援(中国・インド・東南アジア)) / 経営計画・改善(相続対策・事業継承・事業再生・M&A・IPO支援・経営戦略策定) / 会計・税務(会計・決算処理・法人税務) /
保有資格 税理士  / 中小企業診断士  / FP(ファイナンシャルプランナー)  /


無料相談受付中



新しい起業の形、サポートします。外資系企業の日本法人、M&Aによる起業など。

お金をためて、今までの経験を生かして、会社を作り、銀行から創業融資を受ける。それが一般的な起業の形でしょう。しかしながら、そのような位置からビジネスを始める起業であれば、10年後に3割程度しか残らないのも事実。成功率を高める"一般的ではない"起業の形も増えています。新しい形の起業をサポートします。

対応エリア:神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県

所在地: 東京都

相談・面談可能時間: 10:00 ~ 22:00

 
facebook


専門分野 海外ビジネス(アジア進出支援(中国・インド・東南アジア)) / 経営計画・改善(相続対策・事業継承・事業再生・M&A・IPO支援・経営戦略策定) / 会計・税務(会計・決算処理・法人税務)
得意業界 ITシステム・情報処理 / Web、モバイル、ゲーム / 不動産・販売・仲介
保有資格 税理士  / 中小企業診断士  / FP(ファイナンシャルプランナー)
対応エリア 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県
業務内容 プロビタス税理士法人。外苑前にあります。

専門は、海外取引に関する税務です。日本に進出する外資系企業および海外に進出する日本企業のサポートを行うことです。
最近は、個人事業主の方の相談も非常に多いです。事業好調な個人事業主の法人成りも多くサポートしております。

経歴・実績

1974年生まれ。

兵庫県西宮市出身。

 

東京大学文学部卒業後、マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト株式会社)入社。

①就職氷河期世代

 

私が社会人になったのは1999年。山一證券が倒産するなどバブル崩壊のあおりをモロに受けた時代に就職活動をしました。「会社が倒産しても職にあぶれないスキルを、若い時から身につけたい」をいう想いでマイクロソフトに入社しました。

 

②閉塞感

 

時代はWindows全盛。自分の仕事が社会的に意義のあることを感じていました。しかしその一方、会社の規模が大きくなるにしたがって社内調整などが多くなり、この仕事は一体誰のための仕事なのか、何に役立つ仕事なのかわからなくなることを感じました。

 

忙しい毎日の中で「このまま30代を終えてしまうのか、40代になると自分はどうなるのだろう?」ということを常に不安に思っていました。30歳を境にして閉塞感を感じるようになり、新しい環境に身を置いて挑戦したいという気持ちが日に日に強くなりました。

 

③転機

 

マイクロソフト社在籍中に簿記の勉強をする機会がありました。以前から経営に興味があったこともあり、それをきっかけに簿記の勉強にのめりこむようになりました。「会社が倒産しても職にあぶれないスキル」としての税理士に興味を持ち、簿記の試験の延長で資格試験の勉強を始めました。

 

④転職

 

今から考えてもマイクロソフト社は理想の職場であったように思います。その環境から去ることについてはずっと悩みましたが、閉塞感から脱却したい、会社にしがみつかない40代になりたいという想いから、32歳のときに未経験者として税理士法人プライスウォーターハウスクーパースに転職しました。

 

税理士試験の勉強を始めた時期から、将来は独立して自分の力を試したいという想いが強くなっていました。また、まだ30歳代のうちに一度チャレンジしたいとも思うようになりました。40歳代になると、体力も落ちるのとともに、自分の思考に柔軟性がなくなり、新しいことに挑戦できなくなるのではないかと思っていたからです。

 

⑤下積み

 

30歳の超えてからの転職は、想像していたより大変であったように記憶しています。未経験ゆえの慣れない仕事、全く今までと違う仕事観、年下の上司などで、転職直後は随分と体重が減りました。

 

しかしその時の下積みの経験が今の自分を支えていると思っています。下積み時代に学んだことが自分の力になっているのは間違いありません。

 

⑥起業

 

 2013年の2月に起業しました。すべてが思い通りにいっているわけではありません。しかしながら、サラリーマン時代には感じることができなかった刺激を受けながら、日々成長していることを実感できていることに満足しています。

 

⑦今後

 

 私の目標は、「自分の知識と経験で皆を幸せに」です。自分の経験値を高めるために、今後は海外進出を目指しています。

 

⑧最後に

 

 安定したサラリーマン生活を捨て、現在の企業に至るまでの過程で、非常に多くのことを学び、時には失敗し、時には想像以上の成果を上げることができ、人間として成長することができたように思います。

 

 現在閉塞感を感じ、将来起業を志している30代の方に、この経験をお伝えしたいと思うようになりました。もちろんお伝えした方が起業をして成功し、私がその顧問税理士になれれば最高ですが、起業はそんなに甘いものではありません。事前の準備が非常に重要です。その準備の一環として、私の経験が役に立てば幸いだと考えています。

 

 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

新しい技術を積極的に採用しています

新しい起業の形、サポートします
 
お金をためて、今までの経験を生かして、会社を作り、銀行から創業融資を受ける。それが一般的な起業の形でしょう。しかしながら、そのような位置からビジネスを始める起業であれば、10年後に3割程度しか残らないのも事実。成功率を高める"一般的ではない"起業の形も増えています。
 
①海外企業の子会社として起業する
 
海外に目を向けると、日本にはない新しいビジネスが次々に始まっています。それらのビジネスを日本に展開する際の日本法人の代表者として起業する方が増えています。もし日本におけるビジネスがスムーズに進まない時であっても、親会社から資金提供を受けることもできるという点で、起業の成功率が高まります。
 
②後継者のいない優良企業の経営者になる
 
高齢化により廃業を検討されている経営者が多くいらっしゃいます。しかしそのような会社の中には、まだまだ成長できる余地のあるところも少なくありません。いちからビジネスを始めるのではなく、そのような会社の経営者になることにより、より成功確率の高い起業をされる方が出てきました。
 
<プロビタス税理士法人が提供できること>
弊社では、過去に100社以上の外資系日本企業/日本法人の会計/税務のサポートを提供してきました。外資系企業の会計税務は特殊ですが、その点での様々な経験を有しています。他では提供できない会計税務サービスを提供できます。
 
Probitas international tax services provided more than 100 foreign capital companies/ Japan branches with accounting/tax services. Japanese accounting/tax law is not easy to understand, but we have various experience about this point. We can offer latest services for foreign capital companies/branches.
 
昨今の中小企業のM&A熱の高まりにより、様々なサービスを提供し、人脈を構築してきました。またプロビタス税理士法人自体がM&Aを行いました。M&Aの当事者としての経験もお伝えすることができます。

 

もちろん"一般的な起業"もサポートしております。

クラウド型会計システムなどを積極的に活用して、なるべくリーズナブルに経営者のサポートをさせていただいております。

 


活動実績・評価

オンライン相談

お薦め度 3.0 3.0
(評価件数 1件/相談件数 5件)

面談相談

お薦め度 5.0 5.0
(評価件数 1件/相談件数 3件)

→相談者からの評価・コメント一覧


プロビタス税理士法人

所在地   東京都 連絡先
相談・面談可能時間 10:00 ~ 22:00 URL https://probitas.jp/
30日以内の休日 10/27, 10/28, 11/3, 11/4, 11/10, 11/11, 11/17, 11/18    
会社概要 その他
  このアドバイザーに面談を依頼する