山本 総

(やまもと そう) / 神奈川県 / 凡人が月収100万起業ライフに最速到達するランチェスター起業戦略

活動実績・評価

オンライン相談

おすすめ度5.0

(評価件数 37件/相談件数 73件)

凡人でも起業して月収100万に最速到達する ランチェスター起業戦略とは?

あなたがもし起業していて売上低迷している、
あるいは起業前で一歩踏み出せないならやる事は1つです。

「起業の戦略」を知ること。

起業の戦略を知ったら後は実行する。
旅行の計画を立てて実際に旅行するのと
本質的には一緒です。

しかし旅行の計画が間違っていたら・・・
いつまでも目的地にたどり着けません。

活動実績・評価

オンライン相談

おすすめ度5.0

(評価件数 37件/相談件数 73件)

対応エリア 埼玉県 / 千葉県 / 神奈川県
所在地 〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-3ワンアンドオンリー湘南ビル2F(片瀬江ノ島駅3分)
相談・面談可能時間 10:00 ~ 19:00
専門分野 集客・販路拡大・営業戦略(PR・ブランド戦略・SEO・SEM・SNSマーケ・ネット広告・ダイレクトマーケティング(メール、電話、DM)・販路開拓・営業戦略・イベント企画・運営・営業代行・販促ツール・SP)
得意業界 教育・コーチ・研修・学校経営 / コンサル、士業 / ネットショップ・EC
保有資格 MBA (専攻:マーケティング戦略) / 米国NLP協会認定マスタープラクティショナー / MBA
対応エリア 埼玉県 / 千葉県 / 神奈川県
業務内容 1:小さな会社・個人事業専門に売れる仕組み作りと売上アップのアドバイス
2:これから起業を目指す人へ"起業前"に売上をあげる仕組み作りと売上アップのアドバイス
3:好きな事をビジネスにしてキャッシュ化していく仕組み作りのアドバイス

経歴・実績

 

〜月収100万起業ライフの実現〜

起業して月収100万など
最短で達成しなさい!

そのために必要な

「ランチェスター起業戦略」

をそっと教えよう。



起業して「月収100万円が
目指す目標なら正直少ない

 

これまで多くの経営者・起業家の相談を受けてきたけど、
月収100万というラインを超えたいという声が多い


これから起業する人ならともかく、もしあなたが既に
起業していて月収100万円も稼いでいないとするなら、


それは・・・


はっきり言うよ。どこかおかしい。


起業には学歴や頭の良さなど全く関係なし。
人脈やお金なども関係なし。


月収250万を超えてくるにはそれなりの
経験値が必要になるけど、


月収100万レベルであれば経験値や能力など
はっきり言って関係ない。


「起業する戦略」をどれだけ知識として
知って行動に移して実行しているか。


ただそれだけ。本当にそれだけ。
シンプルなんですよ。常に。


そういうお前は一体誰?という声が聞こえそうだから
先に簡単な自己紹介。



 

山本 総 <経営コンサルタント> 

大学卒業後に大手商社に入社するも3年で退職。
その後、佐川急便でお金を貯め渡米してMBA取得。

帰国後に大手独立系経営コンサルティング会社へ就職。
上席執行役員を経て2006年に起業。

経営コンサル業とは違う
業界で初年度から
年商1億2千万を突破。
その後、経営コンサル業も含めて他業種でも
複数収益ラインを構築して現在に至る。
藤沢市辻堂東海岸在住。

 

<所属団体・資格>
湘南ビジネスコーチ株式会社代表取締役
 

ソルサーフ起業塾運営

株式会社フォワード社外取締役
藤沢市商工会議所

経済産業省後援事業(起業/独立支援)ドリームゲート認定講師
米国経営学修士(MBA)取得(マーケティング戦略専攻)

 

アホっぽい顔して申し訳ないけど・・・


上記のように経営コーチング/コンサルティングという
仕事を本職としてやってきて、2006年に起業して
2011年からは平行して起業相談や支援も継続して
現在まで
長年行ってきている人間。

 

最後に詳細は伝えるけど、もちろん自らも
経営コーチやコンサル、起業支援とは
別の畑違いの事業
(教育系ビジネスやIT系ビジネス)
でも事業展開して結果も積んできているよ。

 

だからポッと出やサラリーマンで
机上の空論を唱える実践経験のない
経営コンサルとはちょっと違うんだよね。

 

そんな経験の中で言えることが、
さっき伝えた起業の戦略。

 

これを知らずになんと多くの人たちが
起業という土俵から
追い出されているか計り知れないから。

 

現在は複数の収益ライン(事業)を立ち上げているけど、
それもすべて起業の戦略に基づいて同じように実行しているだけ。

 

一度、起業の戦略を身につければ何度でも
再現できるんだよ。

 

小手先のノウハウ(ネットで儲かる!的な(笑))
など
学んでもほとんどは上手くいかないから。

 

仮に上手くいっても一時的な打ち上げ花火状態。

  

起業人生って最高だよ。満員電車も経験することないし。
(僕が一番嫌いな行動が満員電車に乗ること)

 

ただ少なくとも資本主義が続く場合は、
月収100万ぐらいの経済的に余裕のある
起業人生じゃないと。

 

僕の個人的な使命みたいなものだけど、
自分の経験を通して「行動する勇気」を
与えられれば最高に嬉しいし、
楽しい。

 

今まで天?神?分からないけど、そんな起業人生を
与えてもらった恩返ししたいと2011年の
東日本大震災を
テレビ越しに見て感じたんだよね。


今死んだら何をやり残したか?って考えてね。

 

だからとても、とても低い確率でこのメッセージを
通して出会ったあなただけに月収100万の起業人生を
最短で作る戦略をこっそり教えよう。

 

きっとこの出会いは何かの意味があると思うから。

 

それでは最初に戦略と戦術の違いを簡単に理解しよう。

 

戦略とは見えざるもの
戦術とは見えるもの

 

起業の戦略というのは簡単に言えば「計画」だね。


その計画を実行している時に目に見えて
作業レベルで
行っているのが戦術。


あまり難しく考えないで。こういうこと。

 

「計画を立てて実行している。」

 

例えば海外旅行を計画するのは戦略、
それから実際に目的地に向かって電車に乗ったり
飛行機に乗る行動が戦術。

 

問題はね・・・

 

この計画の立て方を多くの人達が知らない、
勘違いしているから当たり前だけどそれを実行しても
目的地にはたどり着かないわけ。

 

だから計画=戦略はとても大切で
この戦略を立てる方法は知っている、
知らないというレベルだけで再度言うけど、
個人の能力の差ではないから。

 

今まで述べ数百人の方々からご相談を受けてきたけど、
起業の計画、つまり戦略を立てるスキルがあまりにも
欠けている人が多い。

  

あなたは自分を
弱者と自覚している?

 

あなたは人脈も豊富で資金も豊富、どこかの大富豪だったら
別だけど、一般的な人であるなら、ましてや月収100万円すら
到達していないなら・・・あなたは確実に弱者。

 

まずは自分は弱者であることを認識しよう。

 

そして弱者には弱者なりの戦略があるから
それを採用して実行していけば簡単な話。

 

世の中にある高学歴で大企業から
起業したような人の本をいくら読んでも
結果など出ないよ。

 

それはその人達は言っていないだけで
間違いなく「強者の戦略」だから。

 

ちなみに僕はアメリカでMBAを取得したけど
そんなものは弱者の戦略においては微塵の
役にも立たない。

 

MBAは強者の戦略で大企業でウンチク
言うなら役立つ。

 

そもそも日本語訳すれば「ビジネス管理の修士号」
だからね。

 

起業したり中小・零細企業の経営には全く役立たない。
もっと言えばクソつまんない(笑)。

 

ランチェスター起業戦略

僕がMBA時代に授業のカリキュラムで
黒人起業家支援というプログラムがあったんだよね。

 

その人はスラム街に雑貨店を開きたいという
目標を持っていてそのためにMBAが何の役にも
立たなかった時を今でも覚えている。

 

その時、日本からわざわざ書籍を大量に
取り寄せた中にあったのが竹田陽一先生の
ランチェスター経営の本だった。

*竹田陽一先生(ランチェスター経営代表)

このような竹田先生の本を何種類も取り寄せ

  

それをベースにしてその人はガレージの
一部を借りるという業態だったけど、
雑貨店を開き収益化する事ができた。

 

あっさり書いているけど、メッチャ大変だったよ。
でもとても面白かった。

 

その経験が忘れられず帰国後も
経営コンサル会社に就職して
中小企業を中心にコンサルをするようになった。

 

その中で竹田先生のランチェスターをベースに
自分なりのノウハウも構築してきたんだよね。

 

それで経営コンサル業とは違う業界で
独立後に初年度で年商が1億2千万を突破。

 

経営コンサル業と違う業界にこだわったのは
机上の空論を言っているコンサルが多いから。

 

自分で教えてる戦略なら自ら別事業で
やっていないと説得力がないでしょ。

 

特にサラリーマンコンサルタントの時には上席執行役員まで
やらせてもらっていたけど、所詮はサラリーマン。

 

正しい戦略を伝えている自信はあっても
自分は何も経営していないレベルで経営者に対しては
常に後ろめたい気持ちがあったからね。

 

そして今回あなたに僕が教えている、
そして自らも実践しているのが


「ランチェスター起業戦略」 

 

ランチェスター起業戦略は大きく分けて2つ。

 

1つは竹田式ランチェスターNo.1戦略。
もう1つは僕の山本式ランチェスターOnly1戦略。

 

竹田式ランチェスターNo.1戦略は簡単に
言うと商品・サービスにまつわる要素を細分化して
No.1の位置を取りに行こうということ。

 

山本式ランチェスターOnly1戦略は商品・サービス
にまつわる要素を細分化や結合を含めてOnly1な
位置を取りに行こう
ということ。

 

この2つを知れば強力極まりないよ。

 

  

あなたは起業して
No.1またはOnly1を作り出すか?
それともその両方を狙う?

 

起業するにはもちろん商品・サービスが
必要なのは当たり前。

 

それを様々な要素で細分化してNo.1を取りに行くか?
あるいは細分化や結合をしてOnly1を作り出すか?

 

はたまたその両方を兼ね備えるか? 

 

どちらにしても弱者のあなたが起業という世界で
月収100万を超えていくには確実に必要な
要素なのは
間違いないから。

 

あなたの商品・サービスを選ぶ決定権は
100%顧客にある。


ランチェスター起業戦略で「顧客に選ばれる理由」
を作るそのためにNO.1やOnly1を作り出していくから。

 

ランチェスター起業戦略は基本的にどの
業種・業態でも
応用が可能。

 

ただし、例えば公共工事の受注が談合などで
決まる(EX:建設工事業)ような競争原理の
働かない
業種には向かない。


そうではない業種ならあなたからの相談を
待っているので気軽に相談してください。


起業人生は最高だから決して
諦めないように前に進もう!


<あらためて僕のこれまでの
生き筋(人生)を紹介>


はじめまして。
あらためて自己紹介します。


湘南ビジネスコーチ代表取締役&
ランチェスター経営コーチ
の山本 総と申します。

 

僕は法人へのコンサルティングを行う時には
売れる仕組みを作り出し、個人の方が起業する時に
お手伝いをする場合は
起業を成功へ導くシナリオ作りも行っています。


常に「お金と時間も豊かな起業家にする!」
「起業という人生は素晴らしい!」という視点を
持って活動しています。 


実はどちらの状況(売れる仕組み作り・起業成功へのシナリオ)
でも同じランチェスター起業戦略という
ツール・方程式を使って結果を出してきました。


今でこそ起業家を指導する立場にありますが、
順風満帆に今の地位を確立できたわけではありません。


大学卒業後に大手の商社に入社しましたが、
挫折をして東京都品川区の立会川で4畳半1間のネズミが出るような
ボロアパートに引っ越しせざるを得なくなりました。



そして銭湯に通いながら
佐川急便の
トラックドライバーをしていました。


*今は廃止になった佐川の地獄の研修が江ノ島でスタート
死ぬかと思った(笑)

 


*毎日ボロボロになりながら格闘していたトラックドライバー時代


佐川アパート

*真ん中にある肌色の汚い建物が実際に当時住んでいたアパート。


*足しげく通った銭湯(日の出湯)。偶然写真に佐川急便のトラックが・・・

非人間的な生活から1秒でも早く抜けだしたいと思いながら・・・

約3年で1200万円程の貯金をしてカナダへ単身渡りました。


しかし30歳を目前に留学していた僕には
英語という壁が立ちはだかり多くの挫折を経験しました。 


恥ずかしながら、英語に翻弄されていた僕はカナダ留学中に
エドモントンにあるサスカッチュワン川にかかる橋から
あわや身を投げる寸前まで追い込まれました。


そこからある韓国人との出会いで英語の上達が加速して
英語に対する不安も無くなり、アメリカの大学院(MBA:経営学修士)
に合格する事になります。


やっとボロアパートで暮らしてカナダでボロボロに
なっていた僕に訪れた春でした。


当時は飛び上がって喜んでいましたが・・・
そんな喜びも大学院がスタートして簡単に
打ち砕かれる事となります。


【大企業でエリート面して人を見下す
態度をしていた
奴らに
絶対負けたくなかった・・・】


僕の選んだアメリカの大学院ではほとんどの人達が
メリルリンチ証券やバンク・オブ・アメリカなど
大企業から派遣されていた学生でした。


僕がその大学院を選んだ理由も既に仕事を
バリバリしている人たちの中で学ぶ方が為に
なると思ったからです。


creighton university
*アメリカ中西部でランキングNo.1に入る常連校。
全米では4,706校ある中で大体ランキングは100位前後。

世界大学ランキング上位1,000校の中では450位前後(日本の有名校が17校ランクイン)。


しかし・・・


これが当時は最悪の選択となりました。
自己紹介をする度に僕の前職(トラックドライバー)を怪訝そうな顔で
聞く人、失笑をする人、小馬鹿にする人・・・


元々トラックドライバーでビジネススキルが全くない
僕は相手にもされませんでした。


良くMBAでは人脈作りが活発になるなんて
話があるでしょ。僕には全く関係なかった(笑)。


皆、元トラックドライバーには興味がなかったしね。

1つの企業戦略を作るケースでyesとnoに
分かれてクラスの前でプレゼンを
してもクラスメートの
ほとんどが僕の意見に賛同してくれません。


またチームを組んで様々な提案をしていく中でダメな奴はリストラに
されるという非情なゲームでは、チームリーダーが真っ先にリストラ
したのは僕でした。



*実際にリストラされた時にもらった手紙。色々英語で書いていますが、簡単に言えば
「あんたはいらないから教室から出て行って。プロジェクトの邪魔するなよ」という事。
その場では取り繕って笑いましたが、家に帰ってから涙が溢れて来ました。
この悔しさを忘れたく無くていつも財布に入れて持ち歩いています。


もう悔しくて何度涙を流したか計り知れません。
いつかあいつらを見返してやる・・・でも出来ない。


そんな思いで帰国する事ばかり考えていた時に
スラム街の黒人起業家支援プロジェクトというモノが
この教授の提案で立ち上がりました。

 



*Beverly Kracher 教授。この人のプロジェクトのおかげで助かりました。

その時、Jayさんという小さな雑貨店の開業を
希望していた
黒人の起業志望者をチームで支援したのが僕にとって
初めてのクライアントでした。

 

取り組み始めてから約5カ月で当時の日本円で
約月商40万円と小さい
レベルでしたがお店が軌道に乗りました。


金なし・学歴なし・コネなし・人脈なし、しかも周りは
危険なスラム街
でどうやってJayさんが小さな雑貨店を軌道に乗せたのか?


そこには大企業のケーススタディーで学ぶMBAの知識
というよりももっと実践的な売れる仕組み作りが必要でした。


そこで日本から竹田陽一先生のランチェスター関連本を
大量に取り寄せました。

 

*竹田先生と僕。後に竹田式ランチェスターも自分のコンサルに導入

 

僕はMBAの授業よりもそちらの知識を吸収することに必死でしたし
とても楽しかったです。そこから小さな会社を支援したいという想いが
芽生え、僕が現在の道に進んだきっかけとなりました。


そしてこの経験がMBAでいつも挫折寸前だった
僕を救ってくれました。


最終的にアメリカの大学院でMBA(経営学修士)を
取得出来たという結果は自信になりましたが・・・ 

*このMBAの卒業証書をもらった時は走馬灯のように色々な挫折経験を思い出しました。

やはり最後まで大企業から派遣されて

エリート面した奴らには勝てる事が1つもありませんでした。


そして帰国後には大手の独立系コンサルティング会社で
経営コンサルタント
として邁進していました。


上席執行役員を拝命し責任ある立場に
とてもやりがいを
感じていました。


しかし・・・


そんな時に激務から自分が大人になって
からアトピー性皮膚炎を発症し、おまけに
糖尿病予備軍と診断されました。


しかも家族が病気となりました。

 

突然、自分に降りかかった病気や家族フォローを
しなければならない立場となり、


悩みに悩んだ挙句、時間をコントロールできる
起業という道を選びました。

起業という道を選んだとは聞こえは良いですが、
何の結果も出てない内は無職と同じです。

家族のフォローをしながら収入や家族の事など
将来に対する押し寄せる不安や葛藤と戦いながら、
近所にあった百道浜の海で何度も何度も涙を流していました。

やっと苦労してここまで来たのに・・・

百道浜の海
*福岡にある百道浜です。ここで夕日を見ながら何度泣いた事か・・・


そしていつまでも泣いている訳には行かず、
コンサルティング会社で多くの企業を指導してきた
くせに自分でビジネスした事無いな・・・

と思い立ち、 
全く畑違いの英語教育事業
(英語教室運営・英会話教材販売等)

留学支援事業を立ち上げ設立初年度
から1.2億円以上の
売上をあげて軌道に乗せて来ました。

この時、僕はある手法を使いビジネスモデルを
作り上げましたが、それが今も使っている

ランチェスター起業戦略です。

2006年に起業してから現在まで多くの起業家・経営者を
指導してきましたが、結果を出している人たちに共通しているのが
しっかり起業の戦略を学び実行しているということです。

「流行っている」や「儲かりそう」など
という理由で参入するビジネスは大抵結果は出ません。

ランチェスター起業戦略で
組み立てたビジネスは結果が出ると

確信した僕は 
それと同時に退職した経営コンサルタント
会社のビジネスモデルでは
行きづまると考え、
一人でも対応できる仕組みを考えだしました。

 

そしてランチェスター経営コーチとして
自分の事業も売上アップのお手伝いも
現在進行形で継続しています。



自分の事業もありましたので、多くのクライアントを指導することは
できませんでしたが、自らも畑違いの事業展開を行い

机上の空論では
ない実践的な指導が
出来た事はありがたい事でした。

つまりコンサルタントはコンサルタント会社を
経営しながら指導するパターン、あるいは

コンサルタント会社に所属して
サラリーマンコンサルタントとして指導する
パターンが普通です。


しかし僕はコンサルティング事業と並行して
全く別事業を経営して軌道に乗せている事で
評論家のような机上の空論を言う指導ではなく、
より実践的な指導も可能としています。
 


ご相談をいただく多くの方々から
非常に具体的な
アドバイスだとご評価いただくのは、
僕が実業家でもあり
コンサルタントでもあるからです。 


そして結果論ですが、基本的には自分らしい自由な
ライフスタイルで日々を過ごせています。


令和という元号が変わった年に湘南移住を決断し、
事務所も湘南へ移転を果たしました。


基本的にですが、午前中はビジネス関連の
インプット(教材学習や読書、情報収集)を
中心に行った後、趣味でもあるし体や心を
整える運動習慣としてサーフィンを1時間程度行い、
その後ウクレレを練習しています。


いわゆる7つの習慣でいうところの第2領域
(重要であるが緊急性はない将来への備え)
を非常に大切にしています。

 

そして午後からアウトプット時間として
仕事をしているライフスタイルとなりました。


休みや緊急な時には直ぐに家族フォローも出来る体制で、
今では起業という道を選んで本当に良かったと感じています。


仕事・趣味・家族という3つの輪が重なり合った時に初めて、
僕は目に見えない「幸せ」というモノに触れたような気がします。



そしていつでも自分の選択で人生を自分らしく生きる事が
できる幸せに起業して初めて気づきました。

前述しましたが2011年東日本大震災を目の当たりにして、
「後悔しないなら何をするか?」という自問自答の結果、
「豊かな起業家」を育てようとドリームゲートさんの
門を叩く事になりました。


新人グランプリ第3位 

アドバイザーグランプリ集客支援

グランプリ1位

*2011年度ドリームゲート新人アドバイザーグランプリ第3位、
*2014年度アドバイザーグランプリ集客支援部門第2位を取得!
*2016年度アドバイザーグランプリ集客支援部門第1位を取得! 
(1位取得で安心してそれ以降サボってます(汗))
*2018年度アドバイザーグランプリ販路拡大・集客支援第2位を取得!
 


【1度だけビジネス軸となる
ネタを検討してみて下さい】



僕が起業後にエネルギーを保てたのはコンプレックスからです。
MBAで経験した大企業でエリート面して人を見下すような奴ら
に絶対に
負けたくないと思ってやってきました。


なぜこんな事を考えたかと自分を振り返った時に
祖父と父親の存在がありました。


祖父は政治家をしていました。
市議を4期か5期選挙に勝って務めて来た人です。


政治家だった祖父の自慢だった息子、つまり僕の父は
トップクラスの国立大学の工学部を卒業して大企業に入り
関連会社でサラリーマン社長をしていました。


ですから僕は幼少から父のような道を歩むよう
教育されてきました。


中学校受験をして高校は進学校に行き、
大学に行くのは当たり前の環境でした。


しかしそんなある日僕は突然大学に
行かないと両親に告げました。

なぜなら僕には大学に行く意味が分かりませんでした。


そして・・・


「柴田恭平がやってる俳優養成所に入るよ」と告げました。


びっくりした母親は息子が頭でもおかしくなったと
思ったに違いありません。


結局、両親に猛反対されろくに勉強もせずに
入れる大学に入りました。


そして大学卒業の時期に今度は両親に就職しないと
告げたらこれまた猛反対されました。

結局父親の"コネ"である東証一部上場企業の商社に入社しましたが、
その会社は明らかに父親の会社との取引が目的で
僕を採用しました。

入社してから同期の誰よりも高待遇に恵まれ、
上司には気を使われ、将来は役員まで保証するとまで
言われていた僕はその環境にたまらなく不憫さを感じていました。

そして結局父親の顔に泥を塗る形で
3年足らずで退職しました。

「大企業で働くエリートサラリーマンに勝ちたい」


かつてこの道に入る為の教育を受けて来た僕が
MBAの中で屈辱を味わされた事によって、
振り返ると自分のエネルギーとなっていました。


能力では勝てないかもしれませんが、
生活レベルの質(収入・時間・家族)で上回る事を起業の
原動力としてきました。


それはもしかすると親の期待とは違う道を歩んだ事が正解
だったという証明を今も尚、必死にしているのかも知れません。


そして起業のビジネス軸として検討した分野は
以下の7つの項目がベースです。

恐らくコンプレックスだけでは起業で起きる様々な
壁を超える事は出来なかったでしょう。

あなたもこれから起業をするあるいは起業しているなら
一度時間を取って以下の内容でビジネス軸を考えてみて下さい。

1:仕事の経験
2:趣味の経験
3:学習の経験
4:連続感動消費の経験
5:不の経験(不憫・不自由・不親切など)
6:悩みの経験
7:達成の経験

隔離された集中できる環境で時間を見つけて
1度上記7つの経験を書き出してみてください。

新たな発見などあなたに面白い事が起きるでしょう。

そこで見つけたビジネス軸を直球でビジネスに
するのではなく、変化球を使ってビジネスにするのです。

変化球とはまさに弱者や小さな会社が取る
ランチェスター戦略の考え方です。

そのためにビジネス軸の
要素を削除してNo1を狙ったり、
違う分野の内容を加えてOnly1を狙ったり・・・

そうして見えてきたものがビジネス軸となります。


ランチェスター起業戦略があなたの
起業ライフのお役に立てればと思っています。


と同時に・・・


もしかしたらあなたが僕と同じように人生のレールから
外れてしまった経験があっても
人生を逆転する事は
可能だという事を起業ライフを通して証明してあげたいです。


以下、僕のコンサルしてきた主な業界です。
(一部サラリーマンとして活動していた経営コンサルタント時代の
クライアントと現在も売上プロモート
しているクライアントを含みます)



【スポーツ関連事

・サーフィン・スノーボード用品販売スクール事業
・ゴルフ用品販売スクール事業

【広告関連事業】

・インターネット広告事業(英会話スクール専門)
・通販専門広告事業(オフライン専門)



【教育・学習支援関連事業

・英語教材販売事業
・英語スクール事業
・通信教育タイプの資格事業
・ピアノ販売・スクール事業
・オンライン英会話教室 
・プリスクール
・認可外保育園
・個人学習塾
・大手フランチャイズ系学習塾
・ダンス教室 


【建設関連業

・住宅販売事業
・リフォーム事業

【不動産賃貸事業

・起業家向けレンタルオフィス事業
・不動産(限定エリア)販売業

【士業関連事業


・経営コンサルタント業
・マーケティングコンサルタント業
・税理士業
・カラーセラピスト業
・インテリアコーディネーター業

【卸売関連事業

・某有名市場の青果販売業
・贈答品関連販売業


【通販関連事業】

・健康食品系通販業
・パワーストーン系通販業
・教育系教材通販業

 

最後に・・・


毎日、第2の人生、親の敷いたレールから
外れてスタートした佐川研修をして死に
そうになっていた江ノ島を見て思うことがあります。


「あの時、行動する勇気を持って
一歩踏み出して本当に良かった」と。


踏み出せば何とかなります。(もちろん知識武装は
してからでないと僕のように苦労します(笑)) 


今は怖いかもしれませんが、「行動する勇気」を持って
どうぞ後悔のないように一歩踏み出してください。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!


「この道を行けばどうなるものか危ぶむなかれ。
危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。
迷わず行けよ、行けば分かるさ!」
by アントニオ猪木

 

 

 

 

 

 

 

<span sty

所在地  〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-3ワンアンドオンリー湘南ビル2F(片瀬江ノ島駅3分)

相談・面談可能時間   10:00 ~ 19:00


凡人が月収100万起業ライフに最速到達するランチェスター起業戦略

所在地 〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-3ワンアンドオンリー湘南ビル2F(片瀬江ノ島駅3分)
相談・面談可能時間 10:00 ~ 19:00
URL https://solsurf.fun
会社概要 その他 小さな会社と個人専門のランチェスター起業戦略で売れる仕組み構築と売上アップのお手伝い