起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


個人事業主から株式会社後の請求書に関して

最終回答:2015/06/15 17:32
回答した専門家:2人

QUESTION

よろしくお願いいたします。
自身は以前まで個人事業主として手続きして広告、パッケージデザインの仕事を1年と半年ほど続けて今年の2月に株式会社として法人登記しました。

そこで請求書の変更等が必要になったので消費税や源泉所得税等に関して質問させていただきたいと思います。

以前までの請求書ですと
(制作費+経費)=報酬

例として、

制作費5万円・実費2万円の場合、報酬請求額は、
5万円+2万円=7万円としておりました。
消費税は、
7万円×8%=5,600円
源泉徴収額は、消費税を独立、表記しているので報酬額の10%
7万円×10%=7,000円を源泉徴収。

差引額は、(7万円+5,600円)-7,000円=68,600円のようにしていました。

ただ、これは個人事業主の場合ですので株式会社になった場合にはやはり違いがあるものかと思っております。消費税ははじめ2年までは売上により免除などあったり等、株式会社になったことでより一層複雑になり混乱しつつあります。

今回は3点に関して教えていただきたいと思います。
1.消費税はデザイン、制作費等のすべての報酬にかけて請求するべきなのでしょうか。
2.もし消費税を請求した場合、免除があるというのはどのように処理すべきなのでしょうか。免除の申請等がある場合にはそれを予め申請して、請求書には消費税は記載しないべきなのでしょうか
3.源泉所得税とういうのは株式会社にしてからも記載し引いて計算するものなんでしょか。


まだまだ駆け出しの質問になってしまい恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

ANSWER

回答日:2015/06/15 17:32

はじめまして。資金調達・事業計画など創業アドバイザー税理士の三輪篤史と申します。
補足情報としてアドバイスさせて頂きます。

2 消費税についてですが、基本的に免除となる場合の申請はとくに必要ありません。
(免除となるか納付義務があるかは例えば基準期間(2年前)の課税売上高などで判定するケースなどのほか例外規定がたくさんありますので、
お近くの税理士等専門家に詳細事項をお伝えしてご相談されるのが良いかと思います。)

余談で大変恐縮ですが、ご参考になれば幸いです。

 70pt

0 0 0
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善
保有資格
税理士 FP(ファイナンシャルプランナー) 起業支援アドバイザー / 認定支援機関 / 

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2015/05/04 23:28

はじめまして。税理士の柿本雅一です。

1.消費税は報酬請求額(製作費と実費)に対して課税することになります。

2.会社を設立した時の、いわゆる「2年間免税」というのは、消費税がかからないという意味ではなく、消費税の申告をしなくても良いという意味です。よって、請求書への消費税の記載は必要です。なお、会計処理としては、税込金額で記載することになります。

3.株式会社がデザイン等の役務提供をする場合は、源泉所得税を差し引く必要はありません。

よろしくお願いいたします。

 630pt

0 0 4
専門分野
会計・税務 資金調達 海外ビジネス
保有資格
税理士 MBA 中小企業庁認定経営革新等支援機関

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説