起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


給与所得者の起業について

最終回答:2015/09/03 11:06
回答した専門家:3人

QUESTION

現在精神科医をしています。
仕事のノウハウを活かしてカウンセリングルームを帰宅後、休日に開業しようと考えています。
現在の勤め先は副業可です。
開業は自宅を考えており、主にホームページにて集客をしようと考えています。
初期投資はある程度かかると思いますが、当初は赤字になっても損益通算での所得税還付が受けられれば生活としては成り立つかなと考えています。
専門の医師がきちんと時間をとってカウンセリングを提供するということを売りに1時間1万円~2万円程度で考えており、予約が埋まれば一ヶ月で50万程度の売上を見込んでいます。
しかし、損益通算のことを調べているうちに、サラリーマンの副業は赤字で損益通算をしていると脱税行為とみなされるという記事を読みました。
無事に顧客が集まれば良いですが、そうでなければ脱税行為とみなされるのでしょうか。
妻にHP作成、受付業務、経理などを任せるため青色事業専従者として月に15万円ほど給与も支払おうと考えています。
きちんと業務実態があれば顧客が少なくとも脱税とはみなされないのでしょうか。

ANSWER

回答日:2015/09/03 11:06

 はじめまして。
 武久税理士事務所の武久と申します。

 ご質問の件ですが、業務実態があれば問題ありません。
 その記事は極端で、業務実態が無いものを偽装している場合のことを言っているのでしょう。

 文面からすると、客観的に見て立派な「事業」です。
 ご安心下さい。

 1点だけ気を付けていただきたいのは奥様への給与(青色専従者給与)です。
 届出が必要ですし、奥様が他で働いていないことが前提となります。

 適正な手続きを行えば、極端な話しに怯える必要はございませんので、
 ぜひそのプランを実現して下さい!
 
 応援しています!

 330pt

0 0 2
専門分野
会計・税務 経営計画・改善 資金調達 事業計画・商品開発
保有資格
税理士 宅地建物取引士 子育て応援の店(福岡県)登録、NPO法人ママワーク研究所賛助会員

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2015/07/29 22:56

はじめまして。税理士の柿本雅一と申します。

さて、サラリーマンが副業で赤字を出し損益通算をした場合に脱税行為とみなされるかというご質問ですが、これは業務実態によるとしか言えません。

事業として行っていると言うためには、事業計画があり、営業努力をし、資金繰りが悪ければ改善を図るなどという通常の商売実態があるはずです。商売をしていれば赤字の時もあり、他の一定の所得と損益通算されることは法律上予定されています。

ところが、一部には、個人的な支出ばかりを計上し赤字を出して、損益通算で税負担を減少させようという人がいます。このように、事業を成功させようとする努力をしない場合や事業のために費やした経費と単なる個人的支出(娯楽、趣味など)の区分をしない場合などにおいて脱税行為だと問題視されます。

きちんとした業務実態があるならば心配される必要はありません。

カウンセリング業が上手くいくと良いですね。

 630pt

0 0 4
専門分野
会計・税務 資金調達 海外ビジネス
保有資格
税理士 MBA 中小企業庁認定経営革新等支援機関

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2015/07/29 20:12

初めまして、会計士・税理士の高橋と申します。
サラリーマンが副業して、その副業が赤字の場合、給与所得との損益通算が認められる事業所得であれば、節税ができますが、損益通算が認められない雑所得の場合は、節税ができないことになります。
事業所得と言えるか否かは実態で判断します。
事業である以上は事業主としては、当然黒字化を目指すはずです。
したがって、何年にもわたり赤字のままで、給与所得と損益通算している状態ですと、実態が事業とは言えないとして、課税当局から損益通算を否認される可能性があります。
私の過去の経験から言いますと、3年以上赤字で損益通算をしていると、税務調査が入ることが多いです。
以上、ご参考になれば幸いです。

(回答は平成27年7月現在の法令に基づいています。)

 1090pt

0 0 6
専門分野
会社設立・許認可 会計・税務 経営計画・改善 人事労務 資金調達
保有資格
公認会計士 税理士 中小企業診断士 社会保険労務士 事業承継士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説