起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


新創業融資制度と自己資金について

最終回答:2016/03/11 18:35
回答した専門家:1人
カテゴリー 資金調達 > 新規創業者向け融資 やまさん

QUESTION

個人での小売店開業に向けて、新創業融資制度を利用しようと思っております。

借り入れ希望金額が、450万円から500万円。
自己資金は、60万円+父からの贈与100万円の予定です。

しかし、銀行系のカードローンが60万円ほどあります。

融資を受ける際、借り入れ残があるのと、自己資金を減らしてでも完済しておくのと、
どちらを選択した方が良いのでしょうか?

元々少ない自己資金なので(上記の額は、16年勤務の退職金を含んだ額です)
借り入れ希望額が、借りられるのかも大変気になります。

各計画書や計算書類は作ってみましたが、ここが気になります。
よろしくお願いします。

ANSWER

回答日:2016/03/11 18:35

元銀行融資審査役職者で、創業資金の借り方をアドバイスする、コンサルタントの渕本です。

自己資金が60万円で、カードローンが60万円だと、差し引きゼロと考えられます。

つまり、お父様からの贈与100万円だけが、自己資金と判断される危険があります。

カードローンを何に使ったのか?にもよりますが、可能性を高めたいのなら、完済しておいた方がベターでしょうね。

 150pt

0 0 1
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 経営計画・改善
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 日商簿記2級 / 証券外務員(内部管理者) / DCプランナー / 金融コンプライアンスオフィサーなど

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説