起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


開業前の買掛金と在庫の扱いについて

最終回答:2016/03/17 13:43
回答した専門家:1人

QUESTION

はじめまして

今年の1月1日で個人事業登録する予定です。
それまでは細々と個人輸入品を国内で小遣い稼ぎ程度に転売していましたが、今年より事業登録を決意し、しっかり記帳を始めようとしていきなり元入金の設定で躓いております。 非常に勉強不足で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

質問1
開業前(12月)に転売目的でクレジットカードで購入した商品代の未払い金が10万円あり、実際には商品はいくつか売れて5万円分の商品が残っているとします。この場合、元入金としては商品代5万円のみを記帳すればいいのでしょうか?
その場合、未払い金の10万円(1月に事業用口座から引き落とし予定)はどの様に記帳すれば良いでしょうか?

質問2
事業用の口座を開設し、商品購入のクレジットカード代金や売上金の振込みはこの口座にまとめるつもりです。
口座開設にあたり2万円を入金している口座に元入金のつもりで現金20万円を個人口座から振込み手続きしていましたが、銀行の振込み処理が正月は止まっていた為、事業用の口座への振込み日は1月4日になってしまいました。
この場合、元入金(現金)22万円ではなく、元入金2万円と事業主借20万円とすべきなのでしょうか?

会計ソフトに簡単といわれるFreeeに登録してみたものの、基本的な知識が全く足りず、最初の設定でいきなり躓いています。

よろしくお願いいたします。

ANSWER

回答日:2016/03/17 13:43

初めまして、会計士・税理士の高橋と申します。よろしくお願いいたします。
ご質問の件、確認しなければいけない点があるため、正確な回答がしにくいのですが、ご相談者様が知りたいのは「仕訳」の件だと思いますので、そちらに限定して回答致します。
(青色申告を前提として回答します。)
質問1について
こちらは、仕訳としては、
商品5万円/元入金5万円
で結構です。
そのうえで、未払金の10万円は事業口座開設後の支払い時に
事業主貸10万円/現金預金10万円
で良いと思います。
質問2について
元入金という科目は開業当初の一番初めのみ使用しますので、質問1の商品受け入れで使用している以上は、その後は仕訳では使用しません。
このため、質問2のような場合は、仕訳は事業主勘定を用いて、1月4日付で
現金預金22万円/事業主借22万円(預金口座残高全額を1月4日付で事業用に受け入れる処理)
とします。
このように事業用資産負債を個人の私用分から受け入れた場合や反対に事業用資産負債を個人の私用分に流用した場合は事業主勘定を用いて仕訳を起こします。
そのうえで、元入金の金額は以下の算式で翌期首の元入金を計算します。
(期末の元入金の額)+(青色申告特別控除前の所得金額)+(期末の事業主借)-(期末の事業主貸)=(翌期首の元入金の額)
期中には元入金は動きませんので、期末の元入金の額は当初の元入金の額(上記の例では5万円)と同額です。
ところで、仕訳の話とは別ですが、従来も個人輸入品を販売されていたとのことですので、確定申告はされていらっしゃいますか。
そちらが非常に気になりました。

(回答は平成28年3月現在の法令に基づいています。)

 1090pt

0 0 6
専門分野
会社設立・許認可 会計・税務 経営計画・改善 人事労務 資金調達
保有資格
公認会計士 税理士 中小企業診断士 社会保険労務士 事業承継士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説