起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


起業・会社設立について

最終回答:2016/11/05 23:53
回答した専門家:3人

QUESTION

現在、20代の会社員をしているものです。
年内にも何か起業し会社を作りたいと思っているのですが、どうやって実現していけば良いのか分からない状態ですので教えて頂きたいです。

考えている事業としては飲食事業、エンターテイメント事業、スポーツ推進事業など地域・人を楽しませることを考えております。
事業、会社設立等について色々と調べてはいるのですが経験がないため、行き詰まっております。

何か良いアドバイスを頂けないでしょうか。
上記の事業内容など具体的な内容、計画について、ご相談させてもらえればと思います。
また参考になる起業アイデアがあれば教えていただきたいです。

よろしくお願い致します。

ANSWER

回答日:2016/11/05 23:53

お世話になります、マーケティングテクノロジーの井上と申します。
微力ながらお力になれればと思い、回答させていただきます。

起業にあたって悩まれることは多いと思います。
それはどんな起業家も一緒です。

ただ、悩む方向を間違えると、時間だけがただ過ぎていってしまいます。

私からのご提案としましては、
----
・なぜ起業するのか(その事業でご自身が得たいもの)
・どんな価値を提供するのか
----
を明確化するところから始められてはいかがでしょうか?

ビジネスは
・特定の願望、欲求を持つ人々の集合(=市場)をターゲットと定めて
・自身の経験や強みを結集して価値を作り
・その願望、欲求を満たす提案を行う
ことから始まります。

「地域・人を楽しませること」はかなり広いターゲットです。
・飲食業では、大手チェーン系企業
・エンターテイメントでは、海外を含めた映画会社やゲーム会社、全ての遊園地、ディズニーランドを運営するオリエンタルランド
・スポーツ振興ではIOCやFIFAなど
を競合とみなす状態です。

まずは、ご自身が
・どんな価値を提供することができるか
・どんな価値を提供したいか
を明確にする時間を持たれることをおすすめします。

明確化は、
・人々がどんな願望、欲求を持っているかを調査する
・ご自身がそれらに対してどんな価値を提供して、その願望、欲求を満たせるか
の検討を繰り返すことで、次第に進みます。

また、ビジネスとして実現するためには収益化できる必要があります。
ご自身が提供する価値によって願望、欲求を満たせるターゲット(=市場)のボリューム(人数)を確認してください。
これは
・Amazonなどで専門誌があるか確認する
・Googleのキーワードプランナーで検索ボリュームを確認する
などで確認できます。

これらが明確になれば、会社の設立自体は行政書士さんなどに依頼すればいいと思います。
25万円前後が相場です。
登録免許税でどうやっても20万円くらいは掛かります。
税理士さんなどが、税務サービスとセットで登録免許税よりも安くやっているところもあります。
これは検索してご予算や目的にあったサービスを選択すれば良いだけで難しいことはありません。

明確化を行う作業の中で、弊社のヒアリングシートがお役に立てるかもしれません。
 ・MS-Wordをお持ちの場合
  https://hanjo.tech/itvs/interview-sheet-011.docx
 ・MS-Wordをお持ちでない場合
  https://hanjo.tech/itvs/interview-sheet-011.pdf
からダウンロードできます。
よろしければ、お役立てください。


以上となります。
何かお力になれることがございましたらお声掛けください。
よろしくお願い致します。

 140pt

0 0 2
専門分野
IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略 市場分析・調査 事業計画・商品開発
保有資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2016/11/01 18:15

こんにちは。起業の手順は様々ですが、私がお勧めする手順です。

まず、「誰のために」を明確にすることが第一歩です。「地域・人」だと漠然としていますので、もっと具体的にどのような人を幸せにしたいのかを書き出します。たくさんいても構いません。そして、それぞれの人をより詳細に分析します(ペルソナ分析と言います)。

ここまでを丁寧にやると、「何を提供するか」が見えてきます。これもたくさん出ても構いません。その中で一番やりたいことを見つけます。

次にビジネスモデルをデザインします。これはビジネスモデルキャンバスを活用すると良いでしょう。これはアイデアをビジネスに昇華する大切なステップです。

ここまで来たらあとは事務的な作業に移行します。サービスの開発や資金調達、事業計画書の策定、法人設立などですね。

 30pt

0 0 0
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット
保有資格
ビジネスモデルイノベーション協会コンサルタント/IPA認定情報処理技術者(ITストラテジスト/情報セキュリティスペシャリスト/プロジェクトマネージャー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2016/06/07 15:51

初めまして、会計士・社労士の高橋と申します。
ご質問の件ですが、一度、ご自身のアイデアを事業計画のような目に見える形でまとめてみては如何でしょうか。頭の中で漠然と描いていたものが、事業計画を作成するプロセスで、徐々に具体化していき、靄が晴れるようにスッキリしますよ。
事業計画の作成ノウハウを身に付けるには、ドリームゲートでも行っている各種セミナーや無料相談などをうまく活用すると良いと思います。
また、ビジネスアイデアやビジネスプランのブラッシュアップを図りたいということでしたら、コンテストに応募してみるのも良いと思います。
ビジネスプランコンテストには全国各地で様々なものがありますが、中でも川崎市産業振興財団が主催する「かわさき起業家オーディション」は、年6回開催で応募資格を問わない非常に敷居の低いビジネスプランコンテストで、お勧めですよ。
http://www.kawasaki-net.ne.jp/bizidea/

 1090pt

0 0 6
専門分野
会社設立・許認可 会計・税務 経営計画・改善 人事労務 資金調達
保有資格
公認会計士 税理士 中小企業診断士 社会保険労務士 事業承継士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説