起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


乳幼児と保護者のための施設。

最終回答:2016/09/29 18:46
回答した専門家:1人

QUESTION

初めて質問させていただきます。
よろしくお願いします。

現在乳児の育児をする専業主婦ですが、いずれ何かの形で起業を考えています。

今はまだ漠然とした思い且つ、起業・経営のノウハウが無い素人考えなので突拍子も無い内容でしたら申し訳ありません。
ですが、いくつかお聞きしたいことがあるので、お付き合いいただけると幸いです。

今、考えているのは乳幼児と保護者をターゲットにした事業です。
一つ目は、児童館のような乳幼児のための遊戯施設。

出来ればカフェと遊び場が一体となった形態をとりたいですが、食品提供が出てくると新たに許可が必要になるかと思います。
またその為の人件費や設備の管理費が増えるかと思うので、こちらはあくまで場所提供、飲食物は持ち込み可にし、施設内に自販機等施設内調理を必要としないものを設置する、というような内容です。

二つ目は私の趣味でもあるので身近にあったら個人的には嬉しい、保育付きの音楽スタジオです。

広いニーズではないかと思いますが、バンドが趣味だけど小さな子がいるためバンド練集の為に保育施設に預けるのは、という方もいらっしゃると思います。
また、スタジオ自体は子持ち以外の方の利用も出来るので、他の一般的な音楽スタジオと比べて極端に経営が不利となることもないかと思います。

ここで疑問なのは、こういった一時保育をする際、スタッフは保育士の資格が必要かどうか、という点です。
幼稚園教諭や小学校教諭の資格をお持ちの方や、資格は無いが子供が好きな方等、保育士の資格を持っていないスタッフがお子様をお預かりする事は可能なのかがよく分かりません。
また、保育施設として別の許可をとる必要があるのでしょうか。

とても初歩的な質問かもしれませんが、アドバイスを頂けたら嬉しいです。
宜しくお願いします。

ANSWER

回答日:2016/09/29 18:46

初めまして。
夢や想いをカタチにするアドバイザーの新井克也と申します。

乳幼児を抱えたお母さんは自分の時間が取りづらく苦労されていますよね。
お考えの事業があったら良いと思います。

1つ目の「cafe&遊び場」は既に先行して幾つかの企業が事業化しています。
そういう意味では市場はあるので、立地次第でしょう。
通常は自前で設備投資するのですが、その場合は1000万円以上+運転資金が必要になりますので
それなりの投資が必要になります。
独自性があれば、売り込み方次第ですが資金調達も可能だと思います。

2つ目の回答です。
児童福祉法によると子どもを預けて親がその場からいなくなる。
その場合は、保育に該当するので保育士が必要になります。
お考えの音楽スタジオは、親子が同じ施設にいるので、保育士がいなくても大丈夫かと思います。
この辺りは、具体的に事業化を考える際に法律の確認をしっかりしたほうが良いですが、
採用難易度の高い保育士を置かなくても良いビジネスにすれば、良いでしょう。

そのような仕組みで事業化する事も可能だと思います。

まだ夢の第一歩かもしれませんが、その一歩が大事です。
アイデアをビジネス化するのは簡単ではないですが、チャレンジしてみてください。
いつでも相談に乗りますので、何かあればお声掛けください。

ご健闘をお祈りいたします。

 1790pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 人事労務 研修・コーチング
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー/JPA認定心理カウンセラー/JPA認定トークコーディネーター2級/販売士/PADIアドヴァンスダイバー/ワークガイダンス講師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説