起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


趣味のハンドメイドを事業化する

最終回答:2019/05/20 15:00
回答した専門家:1人

QUESTION

趣味でハンドメイドアクセサリーを製作しています。今年2月ないし3月から事業化したいと考えています。そこで色々調べていてわからないことがあったので質問させて頂きます。

元々趣味で始めたものなので、消耗品、材料、完成作品の在庫が手元に多数あるという状況です。開業時にはこれも資産として計上するとは思いますが、どれをどう計上すればいいのかがわかりません。

まず消耗品や備品についてですが、高額なものはないので(高くて5,000円程度)固定資産として減価償却が必要なものはありません。細かい消耗品についてもちょうど昨年末で殆ど使い切っており今年からまた購入しなければならないので、レシートを保管しつつ開業費で計上すればいいと思われます。

問題は材料と製作済の作品についてです。1年以上前から趣味で材料を購入して作品を作って、たまにネットやイベントで販売していました。給与所得者で月平均1万程度の副業だったため、雑所得の20万にも届かず確定申告も不要のため、レシートなどはここ2,3ヵ月を除けば残っていません。ですが、材料や作品はかなりの数があります。
①開封済みで厳密に残量の原価を計算するのが難しい(レシートもない)
②未開封で仕入先もいつもの店なので原価は計算できる(レシートがない)
③開封済みで厳密に残量の原価を計算するのが難しい(レシートはある)
④未開封で仕入先もいつもの店なので原価は計算できる(レシートもある)
⑤上記の材料を使って完成させた作品が多数ある
これらをどう計上すればいいのかがわかりません。

ちなみに作品の原価についても、液状材料の使用量や非常に細かいパーツの量などを考えると、1円単位での原価計算は不可能です。殆どが1点ものですし、同じものを作ったとしてもハンドメイドなので個体差がありますし。これもどう計算していけばいいのやら。

最初から事業としてやるつもりで0から準備を始めたパターンや、仕入れたものをそのまま売るだけの純粋な小売業としての事業経験はありますが、趣味から始めたので資産が手元にありますとか、ハンドメイドのような製造業としての1面を持つパターンは初めてなので、頭を抱えております…

ANSWER

回答日:2019/05/20 15:00

いただいた状況ですと、細かい原価計算は不可能かと思いますので
法人があなたから仕入れる、という想定で原価を設定されてはいかがでしょうか?

経理で不安があるようであれば、クラウド士業サービスのBizerというサービスに登録されてはいかがでしょうか?
月額2980円で様々な士業の方に相談し放題ですので、入り組んだ経理状況も解決できるのではないかと思います。
https://nicopro.co.jp/bizer

新規登録時に1ヶ月の無料期間がある他、上記のサイトでさらに1ヶ月分無料になるクーポンも配布しています。

面倒な法人の手続きについては、外注し本業に専念された方が、結果的に収益化が早まるのではないかと思います。

 3360pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説