起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


二重勤務について

最終回答:2019/10/23 15:58
回答した専門家:1人

QUESTION

初めまして。
無知な者で的外れなご質問をしてましたら申し訳ありません。
ですが、企業にあたり疑問点があり助けて頂けると幸いです。

質問点は、大きく4点です。
①2社に所属することは可能か?
②2社から給与を頂く場合社会保険は1社でのみ加入するのか。
③それともそれぞれの会社で所得税や雇用保険をそれぞれの収入に応じて納めるのか
③二重勤務を内密にするためには

現況としては、
現在所属している会社から取締役である上司と、
別で起業をしたいのですが、
現在所属している会社を退職するわけではなくと平行というカタチで進めることになりそうです。(現在所属の会社の社長には秘密のため)
その場合、新しい会社で収入を頂く場合住民税などの兼ね合いで現在所属の会社には二重勤務がばれてしまうのでしょうか?
現在所属の会社の経理は社長が行なっております。

どうかご回答お願いします。

ANSWER

回答日:2019/10/23 15:58

①2社に所属することは可能か?
 → こちらについてはもちろん可能です。
   ただし、現在のお勤め先で副業が禁止されている場合は、その就業規則に従う必要があります。
   これを破って副業をした場合、就業規則の内容にもよりますが、
   減給などの対応が行われても文句は言えません。
  
②2社から給与を頂く場合社会保険は1社でのみ加入するのか。
 → 新しい会社で非常勤であれば、現在の社会保険への加入のみとなります。

③それともそれぞれの会社で所得税や雇用保険をそれぞれの収入に応じて納めるのか
 → 所得税はそれぞれの会社で、雇用保険は、現在の会社のみとなります。

③二重勤務を内密にするためには
 → 社長が経理をされているということですと、新しい会社で給与をもらうと、その額に応じて
   翌年の住民税が増えてしまうので、分かってしまう可能性があります。
   ただ、新規の会社で給与が発生しなければ、住民税の額が変わることもありません。
   いつまで内密にしたいかにも寄りますが、新規の事業が軌道に乗るまでは無給にしておくことで、
   内密にできる可能性が高くなります。

 3740pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) 事業承継士/目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説