起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


合同会社(LLC)の休眠あるいは(株)法人による合併

最終回答:2019/05/20 17:02
回答した専門家:1人

QUESTION

(株)一人成り法人を10年近く経営しており、2年前にビジネスパートナーと2人で合同会社を設立しました。このたび、相手のビジネスパートナーと仕事を継続しないことになり、設立したLLCを休眠したほうが良いのか、既に持っている(株)法人に吸収合併という形をとったほうが良いのか迷っています。
それぞれの利点・難点、費用面などについてご教授いただければと思います。

もうひとつの質問は、LLCの資本金についてですが、実質、私が一人で負担しましたが、登記上はもう一人のビジネスパートナーが100万円、私が150万円ということで立て替えた形で2人で出資した、という登記になっています。これを、250万円全てを私一人が資本金投下して設立下、という変更をすることは可能なのでしょうか。

ANSWER

回答日:2019/05/20 17:02

いただいた質問だけでは事業内容まで把握できないので、休眠と吸収合併のメリット・デメリットがご説明できません。

一般論になってしまいますが、事業自体を継続されないのであれば、休眠または廃業されるべきですし、継続されるのであれば、吸収合併された方が良いのかな、と思います。
ただ、合同会社で行われている事業が何らかの許認可が必要なものである場合や、サービス停止することでユーザーが不利益を被る場合は、内容に応じた対応が必要になりますので
ご注意ください。

LLCの資本金についても、経緯がわからないため想像になってしまいますが、登記内容が証拠になってしまうため、
相手の方の同意なしに、全額負担したことにするのは難しいのではないかと思います。

相手方の同意もしくは振込記録など、実質お一人で負担されたことを証明できるものは残っていますでしょうか?

 4220pt

1 3 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) (公財)東京都中小企業振興公社専門家派遣事業支援専門家(登録番号:1661)/認定支援機関(ID:107413010710)/事業承継士/目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /地域DXプロデューサー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1