起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


米国在住者が日本法人から給与を受け取る場合について

最終回答:2019/10/30 17:24
回答した専門家:1人
カテゴリー 会計・税務 > 節税対策 gospursgo

QUESTION

はじめまして。
現在、ビジネスパートナーとともに日本法人と米国法人を設立しております。
2人ともアメリカ在住です。米国で買い付けた商品を日本国内の倉庫に納品し、オンラインビジネスをしております。日本国内での業務は全てアウトソーシングしております。
ここ数年間日本法人と米国法人の二社で運営して参りましたが、商品を日本へ発送するのみで米国法人では売上が発生しないため、米国法人を閉鎖し日本法人のみで運営したいと考えております。
ここで質問なのですが、日本法人から米国在住者に対して給与が支払われる場合に、法務上・税務上の観点からどのような運営や手続きが必要でしょうか。
当方は米国国籍、ビジネスパートナーは日本国籍ですが、どちらも年間ほぼ米国に在住しております。当然ですが日本法人は日本国籍であるビジネスパートナーが代表職となっております。
当方ども2名の事業拠点は米国内で、日本国内での所得は2名ともございません。現在は日本の銀行口座から海外口座(米国法人名義)に送金し、米国法人より給与を受け取っていると流れになっております。
長文になり申し訳ございませんが、アドバイスのほど何卒よろしくお願いいたします。


ANSWER

回答日:2019/10/30 17:24

ご質問いただいてから、しばらく回答がついていないようですので、
専門外なのですが、コメントさせていただきます。
具体的に起業をお考えであれば、
ぜひ下記からドリームゲートに登録されている海外ビジネスの専門家に
個別にご相談ください。
https://profile.dreamgate.gr.jp/pr_user_advisor_search/online_link_search?field_main_category_id=11

ドリームゲートには、様々な分野について専門家の先生が多数登録されていますが、
こちらの掲示板に投稿いただいた内容は、残念ながら個別に通知されません。

個別にご相談いただければ、責任を持って回答いただけます。

私はこの分野に詳しくないので、正確な手続きについてはコメントできないのですが、
日本と米国での所得税率については比較されておりますでしょうか?

一般的に所得税率を比べると、日本よりも米国の方が低くなっているので、現状の方が節税になっている可能性があります。

具体的なアドバイスに際しては、給与形態やビジネスモデルの詳細についても確認が必要になりますので
ぜひ、海外ビジネスと税金のスペシャリストに直接ご相談ください。

 3360pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説