起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


創業融資と不動産ローンについて

最終回答:2019/11/12 11:21
回答した専門家:1人

QUESTION

お世話になります。
今年夏前までに起業を計画しております。
自己資金500万 資金調達1500万 預貯金500万 親名義不動産担保2000万は可
事業内容は海外進出企業コンサルティング、営業コンサル、代理店業務などです。
現状私はフィリピンの駐在現地代表取締役(2社)を2年前より立ち上げ、運営をしております。
主に省エネ商材の販売(業務用省エネ空調、led照明など)日本上場企業の海外事業という位置づけで100%親会社出資の会社です。
本社と現在事業譲渡交渉、株式譲渡交渉中になります。
計画としては日本法人立ち上げ後、フィリピン現地法人立ち上げして運営していく予定です。
交渉決裂した場合はも計画に変更なく企業予定です。
ご相談が2点あります。
1、日本の住まいを賃貸から購入に切り替えを検討(賃貸にも出せるマンション購入するかどうか)
2、日本法人立ち上げ後フィリピンに出資を行いグループ会社にして運営を行うにあたり創業融資(国民政策公庫)などに影響はあるのか?
基本的な質問は資金調達にあたり企業前に不動産ローンを組んでも問題ないかです。
アドバイスの程宜しくお願い致します。

ANSWER

回答日:2019/11/12 11:21

ご自身の中で起業における資金調達と不動産ローンのどちらの優先順位が高いでしょうか?

一般に複数の借金を行う場合、2つ目の審査は厳しくなります。

そのため、優先順位の高い方の融資を先に受けていただくことをおすすめします。

ただ、両方の融資を受ける可能性を高めるのであれば、住宅ローン→創業融資の順になるかと思います。

というのも、不動産ローンは、たとえ一定額の収入が確保されていたとしても
サラリーマンに比べて起業間もない方への審査は通りづらいです。

全く借りられないことは無いですが、金融機関の選択肢が狭まったり、金利の高いプランしか選択できなくなるパターンがあります。

創業融資については、住宅ローンの有無も審査内容には含まれるものの、
無理なく返せる範囲と判断されれば、融資を受けることが可能です。

そのため、事業計画書の妥当性がキモになります。

両方をうまくまとめるためには、より詳細な情報共有が必要になりますので、
ぜひ、事前に専門家への個別相談をされることをオススメいたします。

ご検討ください。

 3360pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説