起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


秘密保持契約における双務的・片務的内容の使い分け方

最終回答:2019/05/16 14:07
回答した専門家:2人

QUESTION

製品開発の可不可を相談するために、秘密保持契約書を作成中なのですが、行政の起業相談サービスを利用したところ、「秘密保持契約は片務的内容ではダメ」と言われました。
自分には開発が不可能なため、「共同開発」というような関係ではなく、自分から伝えたこと(秘密の開示)を相手方に作ってもらうという関係になります。そのため「片務契約」になると思っているのですが、そういうことではないのでしょうか?

双務か片務かの判断基準も併せてお教えいただきたいです。
宜しくお願い申し上げます。

ANSWER

回答日:2019/05/16 14:07

片務での秘密保持契約では相手の知見を引き出しても、秘密を保持しないという内容になってしまいます。

ご自身で開発が不可能ということですので、製品開発について相談する際、依頼先の何らかのノウハウを引き出すものと思います。
相手方が相談を受け、回答したものについて独自のノウハウが入っている場合、
その内容をWEBなどで公開されてしまうとその企業にとっては技術情報の流出となり大変な損失です。

ですので、片務での契約は「貴社の情報を渡さず、取引先が開発中の電子部品について購入を検討する」といった本当に一方的な条件でのみ成立するものとお考えいただければよいのではないかと思います。

P.S.より具体的にご相談が必要な場合は下記にご連絡ください。

 3260pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2018/07/31 13:00

こちらから伝えたことを受け、先方の反応(うちはこういう開発スタイル・体制で、こんな強み・特徴があり、こんなコスト感で、こんなものを開発できそうです!とか。)があると思います。それについては、こちらが守秘義務を負います。つまり双務ですね!!^^
片務契約は、例えば『贈与』とか、『無償の委任』とかが該当します。

 760pt

0 0 5
専門分野
経営計画・改善 資金調達 事業計画・商品開発
保有資格
日商簿記1級 / IPO(新規株式公開・新規上場)・M&A(事業売却)支援 / 将棋アマ2段

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説