起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


就労ビザの外国人はショッピングサイトでの開業

最終回答:2019/09/09 20:51
回答した専門家:3人

QUESTION

就労ビザの外国人です。正社員で働いてますが、副業でショッピングサイトでの開業を考えております。

今の在留資格は可能でしょうか。

ANSWER

回答日:2019/09/09 20:51

申請取次行政書士の野村と申します。

今お持ちの在留資格が不明(「技術・人文知識・国際業務」でしょうか?)なので回答が難しいですが、「資格外活動許可」を得れば、「1つの在留資格で1つの活動」という大原則から外れて、認められる可能性があります。一度入国管理局へ相談されると良いでしょう。なお、「副業」ではなく本格的にビジネスを行う場合は在留資格「経営・管理」が一般的です。ご参考になれば幸いです。

 1320pt

0 0 7
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 経営計画・改善 IT・インターネット
保有資格
行政書士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2018/12/24 12:30

専門分野のひとつとなりますので、〝たむら、半端な~い(@^^)/~~~〟と言って頂けるように、少し詳くお伝えしたいと思います。
なるべく正確にお伝えしたいので、少し固めで長めの文章になりますが、ぜひ、ご一読頂けると嬉しいです。 (^_-)-☆

あなたが許可を受けておられる在留資格にもとづく活動以外を行う場合のポイントを整理しておきます。
●資格外活動をされる場合には、入国管理局より、入管法第19条1項1号の「資格外活動許可」を受けてください。
●原則として、単純労働への就労は認められていません。
●原則として、非就労活動についての制限はありません。
ただし、非就労活動であっても謝金や報酬などが伴う場合には、問題となる場合とならない場合があります。
これは、入管法の第19条の3に、規制の対象となる謝金や報酬などについて具体的に定められています。

◆たとえば、あなたの在留資格が「技術・人文知識・国際業務」であって、昼間はエンジニアとして日本の会社で勤務されている場合に、夜間の専門学校で非常勤講師として働くとします。
この場合には、資格外活動許可を受けられる場合がありますが、本来の在留活動の遂行を阻害しないことが許可要件となります。
この例であれば、専門学校での非常勤講師としてのウエイトが大きく、主たる活動であるエンジニアと従たる活動である非常勤講師が逆転すると判断されれば、「教育」への在留資格変更許可申請をしなければならない場合もあります。

★個別具体的な内容は、必ず、入国管理局の相談窓口で確認されるようにお勧めします。

 30pt

0 0 0
専門分野
事業計画・商品開発 経営計画・改善 IT・インターネット
保有資格
行政書士 MBA (財)日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)プライバシーマーク審査員補 /(独)情報処理推進機構 情報処理技術者試験 情報セキュリティマネジメント試験 ほか

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2018/07/31 11:47

正社員の方に影響ないなら、『資格外活動許可』申請をし、OK出れば大丈夫です。
ただし正社員の会社の就業規則に副業禁止の規則が無いか、確認してください!

 760pt

0 0 5
専門分野
経営計画・改善 資金調達 事業計画・商品開発
保有資格
日商簿記1級 / IPO(新規株式公開・新規上場)・M&A(事業売却)支援 / 将棋アマ2段

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説