起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


心理カウンセラーの独立開業について

最終回答:2019/05/17 11:34
回答した専門家:2人
カテゴリー 経営計画・改善 > 経営戦略策定 ニックネーム

QUESTION

46歳 男性 高卒 会社員です。
来春に28年間勤めていた会社を辞め、カウンセラー協会が実施されてるカウンセラー養成講座(養成期間は半年から一年)で資格を取得し、しっかりと経験を積んで経営学も学び(セミナー等)近いうちに独立したいと考えています。
ただ、残念な事に資金がない為、最初は自宅でパソコン同士での対面やメール及び電話等の通信から始め、集客や顧客がしっかりつかめるように広告方法や信用を重ねたいと思っています。
そこで質問ですが、独立にあたり上記の内容で不足しているところを教えてください。
それと、これからの心理カウンセリングの需要はいかがなものなのでしょうか?
因みに今現在、国家資格ではないので効力としては薄いと思われるのですが「上級心理カウンセラー」「メンタル心理カウンセラー」の2資格取得しています。
独立は無理かなとは思っていたのですがやっぱり諦めきれません。
漠然とした文章で申し訳ありませんが、ご回答お願いいたします。


ANSWER

回答日:2019/05/17 11:34

現代ではSNS疲れという言葉もあるように、心理カウンセラーのような分野の需要は間違いなく増えてきますので
今後を見越した素晴らしい決断だったのではないかと思います。

ただ、独立前に需要と集客方法について未確認であった点は、かなり危うく感じました。

「誰を対象に」「どうやって」集客するか?は独立する際に最も重要な部分です。

まずは、28年間勤められていた会社の顧問となれるかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

もし成功すれば、一定の収入を確保することができますし、もし顧問になれなかった場合も、
どのようにすれば、顧問となれるのか?を考えることができるのではないかと思います。

WEBでの集客をお考えであれば、ぜひ下記までご連絡ください。
せいいっぱいサポートさせていただきます。

 2790pt

0 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2019/04/01 17:59

28年お勤めの会社を辞めてまで独立をされたいというのはすごい決心ですね。是非成功させてください。

資金面で心配されているようですが、カウンセラーやセラピストは特に設備などを必要としないため、予算がなくても独立は可能かと思います。
オンラインでの対面やメールでのやり取りなども方法としてはあるとは思いますが、やはり、心の問題ですとどうしても対面が必要になります。ご自宅が使えればその手もありますし、事務所を借りなくても会議室付きのレンタルオフィスや、カウンセリング・セラピー向けの個室スペース等を借りればさほど費用はかかりませんから問題はないでしょう。

どちらかというと、広告費や収入が安定するまでの生活費の方が必要になります。
もし会社での副業が可能であれば、独立前に週末や休みなどを利用してカウンセリングの仕事を始めてしまうのも手ですね。顧客や実績を重ねて、ビジネスモデルを固めてから独立という形が出来れば理想的です。

ただ、一点懸念事項がビジネスモデルです。

カウンセリングの需要はこれから確実に増えてきます。ニーズはあるかというとありますが、好き好んでいくというスタイルではないのでどちらかというと接客的なアプローチは逆効果になってしまうこともあります。あと、個別セッションがベースになるとクライアントの人数的な問題もあってなかなか毎月の収益を安定させてるのが難しいケースが多いです。月額で定期的に収入になるお財布を考えることをお薦めします。
例えば、ひとつの例として「法人契約をして顧問になる」という方法があります。会社でのメンタルケアの課題は大きくありますので、法人の需要はかなり増えていくと思われます。
従業員で鬱になる人が20人に一人とも言われます。それだけ需要が出てくるのは間違いありませんし、法人なので契約に関しても場所に関しても問題はありませんよ。
これが正解と言うわけではありませんが、こういう方法もあります。

ただし、独立・起業に大事なことは「独立する理由」だったり、特に「カウンセラー」と言うことであれば、クライアントさんに対する思いやあなたのビジョンが重要です。
なぜカウンセラーになるのか、そのあたりの自分のお気持ちを是非しっかりともって頑張ってください!!

 10pt

0 0 0
専門分野
経営計画・改善 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
起業支援

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説