起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


フランチャイズのメリット・デメリットについて

最終回答:2020/04/02 19:33
回答した専門家:2人

QUESTION

はじめまして。
現在都内でサラリーマンをしておりますが、2020年までにラーメン店をはじめようと考えております。

はじめはこだわりのお店をっと考えておりましたが、店舗選びから仕入れまで全て一人でやらなければならない手間を考えると、最初はフランチャイズで始めるのも一つの手だなっと思うようになりました。

そこで教えて頂きたいのですが、フランチャイズで始める場合のメリット・デメリットについて教えて下さい。
また実際の成功例や失敗例もご存知でしたら、是非ご教示いただけると助かります。

よろしくお願い致します。

ANSWER

回答日:2019/05/17 10:30
ベストアンサー

フランチャイズのメリットはやはりその店舗のブランドを利用できること、ノウハウを活用できることです。
デメリットは収益の一部を納める必要があることです。

また、すでにご自身の「こだわりの味」を確立されているのであれば、フランチャイズ側の味を再現する必要があるため、それが提供できないこともデメリットかもしれません。

現在、サラリーマンをされているということですが、
もし、まだ飲食店での経験がないのであれば、フランチャイズも一つの手段ですが、まずはアルバイトなどで気になる店のノウハウを盗んでみてはいかがでしょうか?

客として見ているだけではわからない内情もわかるのではないかと思います。

 3360pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2020/04/02 19:33

はじめまして。

フランチャイズのメリットとデメリットですね。

簡潔に言うと、「事業の成功確率を上げられる」ことがメリットになります。一方で、「フランチャイズ本部に対してロイヤリティーを支払う必要がある」ことがデメリットです。

ラーメン店を開業するために投資をする必要がありますよね。その規模は数千万円規模になるはずです。その投資は、フランチャイズでも自分で開業でも同じです。

ですが、その事業が軌道に乗るかどうかと考えた場合、フランチャイズでは成功したノウハウを最初から投入できますが、自分で開業するにはゼロからノウハウを蓄積する必要があります。
資金的にも、ノウハウを蓄積して成功店になるまでの時間的猶予はないですから、かなり難易度高いです。

これを回避するためには、既に自分の中にノウハウが蓄積してある必要があります。だから、ラーメン店で修行してから独立する方が多いんですね。

事業の成功をお祈りしております。

 90pt

0 0 1
専門分野
事業計画・商品開発 市場分析・調査 集客・販路拡大・営業戦略 研修・コーチング
保有資格
MBA 基本・応用情報処理資格、salesforce 認定アドミニストレータ

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説